ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > ネット騒然「カッパ肉」の正体

まさか妖怪? スーパーで売っていた「カッパ肉」にネット騒然、その正体は...

183

2019年09月18日 11:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真え...(画像はt_yanot_yanoさん
え...(画像はt_yanot_yanoさん

スーパーに妖怪の肉が売っていた――!?

  

そんな驚きの報告が、ツイッターで話題になっている。それがこちらだ。


「カッパ肉」

思わず目を疑ってしまうラベルの文字。

カッパとはあの「河童」のことだろうか。河童は水辺などに現れる日本の妖怪として知られるが、まさか実在して食べられているとは...。ほかの肉と同様に梱包され、241グラムで554円。決して安くはないが、普通に買える値段だ。

......と、冗談はこのあたりにしておこう。もちろん、「カッパ肉=河童」のことではない。牛肉にカッパという名前の部位があるのだ。

「カッパ肉ってなんぞ!?」

カッパは牛の腹部の皮と、脂身の間にある赤いスジ肉を指す。牛一頭から取れる量は少なく、貴重な部位のようだ。どちらかというとマイナーな部位なため、ツイッターには「貴重なカッパ肉が乱獲されている...」といったジョークを飛ばすユーザーのほか、

「カッパ肉ってなんぞ!?」
「カッパ゚肉?初めて聞いた...」
「カッパ肉?????ん??ん?」

といった反応もみられる。

味はスジ肉ということで歯ごたえがあり、赤身の旨みが感じられるとのこと。煮込みやボイルで食べるのが良いらしく、投稿者が目撃した京都に限らず入手はできるようだ。

投稿には「北陸では『天狗乃肉』、山陰では『ババアの切り身』なるものも売ってたりします」とのリプライ(返信)も。こちらももちろん、伝説の生物や人間ではない。

石川県にある天狗中田(本社・金沢市)が販売する肉を「天狗乃肉」といい、富山県高岡市にも「天狗乃肉」という食肉卸販売店の名前がある。

ババアは「タナカゲンゲ」と言う深海魚のことで、鳥取など山陰地方での呼び名のひとつなのだとか。見た目はちょっとグロテスクだが、鍋などで食べられるようだ。

このニュースに関するつぶやき

  • この前ちょろりとつぶやいた、通天閣のお膝元にあるジャンクな商店街『新世界市場』。ここの入り口にある精肉店『肉のさかもと』で売ってる「かっぱの燻製」めっちゃうまい。 https://mixi.at/aeOt1Qg
    • イイネ!10
    • コメント 1件
  • かっぱ寿司を定年退職したカッパの成れの果て
    • イイネ!52
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(102件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定