ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > ゲーム > 東京ゲームショウ2019まとめ――気になる新製品やイベントを幕張メッセでチェック

東京ゲームショウ2019まとめ――気になる新製品やイベントを幕張メッセでチェック

1

2019年09月18日 12:12  ITmedia PC USER

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真自身の経験を語る「DetonatioN Gaming」と「父ノ背中」のメンバーたち
自身の経験を語る「DetonatioN Gaming」と「父ノ背中」のメンバーたち

 9月13日から16日に、幕張メッセを会場として東京ゲームショウ2019が開催された。出展社数655、出展社の国や地域が40と、わずかに全体の数が前回を下回ったが、国内からの出展社数は過去最多の350になったという。



【その他の画像】



 ここでは、一般公開日かつ最終日の最も盛り上がっている会場での各ブースの様子をお届けする。



●「レインボーシックス シージ」をオフラインで堪能――MCJブース



 マウスコンピューターやiiyamaをグループを傘下に置くMCJのブースでは、東京ゲームショウ2019最終日に「DREAM -R6S eスポーツ STAGE-」を開催した。



 11時に始まったトークショーでは、マウスコンピューターがスポンサーとなる「DetonatioN Gaming」と、LEVEL∞スポンサードの「父ノ背中」レインボーシックス シージで活躍する人気の両プロゲーミングチームが登壇。プロゲーマーになるには? といった内容を中心に語った。



 来場者との質疑応答では、「コンシューマーゲーム機からPCへと活躍の場を移したいが、何からはじめたらいいのか?」という質問に対し、「いろんなタイトルを遊んでみること」「親身に教えてくれるような人がいると上達も早いので、気の合う友だちを作ること」「SNSを活用すること」など、人気ゲーマーがそれぞれ自分の経験を元に回答。それを聞いた質問者の弾むような感謝の声が印象的だった。



 エキシビジョンマッチでは、DetonatioN Gamingの4人がイエローとブラックに分かれ、それぞれ一般参加者(事前エントリー当選者と会場からの参加者)3人ずつを加えた計5人ずつのチームでレインボーシックス シージをプレイ。ヘッドフォンから聞こえる物音に集中できる静かな部屋と異なり、会場はとにかくにぎやか。「オフラインだと、音を拾うのが難しい。コミュニケーションをどのように取るかが鍵だ」という解説の中、ゲームが始まった。



 ステージ前は、入場規制が入るほど大にぎわいだったため、ブース左右に設けた試遊台のうち、G-Tune展示側のモニターでも視聴できるように急きょ変更。そこでもプロの技をひと目見ようと、大勢のギャラリーが押し寄せるなど大盛況だった。



 次のページでは、「ALIENWARE」のコーナーを見ていく。



●世界初55型有機ELディスプレイや新型AURORAを展示――デルブース



 ゲーミングPC「ALIENWARE」ブランドを立ち上げているデルが今回投入したのは、世界初となる55型有機ELディスプレイ「ALIENWARE 55インチOLEDゲーミング モニターAW5520QF」(以下AW5520QF)だ。



 120Hzの可変リフレッシュレート、0.5msの応答速度、スピーカー内蔵、有機ELならではの締りのある黒表現など、ゲームに没入するのに最適なモニターとなっている。リビングに置いて、映画を楽しむといったファミリーユースにも適しているという。気になる焼き付きだが、「今はだいぶ技術が進歩しており、その課題をクリアしているから採用した」とのこと。価格は35万900円(税別)だ。



 特別展示台にはデスクトップゲーミングPC「NEW ALIENWARE AURORA」(以下AURORA)、「ALIENWARE 低プロファイルRGBメカニカル ゲーミング キーボードAW510K」(以下AW510K)や「ALIENWARE有線/無線ゲーミング マウスAW610M」(以下AW610M)を展示していた。



 AURORAの形状は、まるで羽なし扇風機のようなフォルムで「前面から強力に吸気して、背面と上部から排気することで、熱くなったPCを効率的に冷やせる」とのこと。また、ネジを1本取り外すだけで内部にアクセスできるため、メンテナンスやパーツの増設なども容易だという。



 なおAURORAは、第9世代インテルCoreプロセッサ、NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER(8GB GDDR6)搭載のグラフィックスカード、KingstonのHyperX メモリーという構成で、価格は25万1180円(税別)だ。



 AW510Kは、より軽快に入力できるよう、茶軸から赤軸へと変更。キートップは外しやすく、メンテナンスしやすい。AW610Mは、手のひらと接地面の摩擦を防ぐ“羽根”が特徴的だ。



●SAMSUNG SSD×DETONATORブース



 SAMSUNG SSDは、プロゲームチーム「DETONATOR」と共同でブースを展開。DETONATORの人気ストリーマー(ゲーム配信だけでなく、自身も出演するプレイヤーのこと)が出演する独自番組をステージからライブ配信した。



 同番組は、サードウェーブおよびAmazon、DXRACERの協賛により実現。メンバーを生で見ようと、大勢のギャラリーが押し寄せた。また、彼らとツーショットが撮れるフォトスポットも設けられており、賑わっていた。



 なお、肝心のSAMSUNG SSD製品は、ギャラリーに取り囲まれる形で展示されていた。USB3.1 Gen2に対応した転送速度最大毎秒540MBのポータブルSSD「Portable SSD T5」、SATA接続で最大毎秒550MBの読み出し、最大毎秒520MBの書き込み速度の2.5インチ「SSD 860 PRO/EVO/QVO」、Thunderbolt 3対応のポータブルSSD「Samsung Portable SSD X5」などを展示していた。



 次のページはASUSブースなどを見ていく。



●そっくりそのまま自宅にお持ち帰りをしたくなる?!――ASUSブース



 「デスク秘密基地化計画」というロゴが目立つのは、ASUSとバウヒュッテ(Bauhutte)の共同ブース。家具メーカーのビーズによるゲーミング家具Bauhutteを、ASUSのゲーミングPC「ROG」で遊びながら体験できるようになっている。



 実はASUSとビーズのコラボゲーミング家具は、SNSによるつぶやきで生まれたものだという。家具のカタログを作る際、利用イメージをしやすくするため上に載せるマシンを提供してもらえないかとビーズの中の人がつぶやいたところ、ASUSの中の人が反応。何度か貸し借りをするうち、「コラボ家具を作ろう」といことになったという。



 共同での参戦は2018年から始めており、「ゲーム実況ステージもいいけれど、実際の使用感を体験していただきたい。とはいえ、別々にブースを出すとなると場所の確保も大変なため、共同で出展することで、より広いスペースで大勢の来場者に楽しんでいただける」と担当者は説明していた。



●新旧UMPCやGPD WIN2を体験――GPDブース



 PC USERでもおなじみのGPDは、9月21日に発売する「GPD Pocket2 MAX」と既存の「GPD WIN2」を展示。どちらも実機に触れることができた。



 GPD Pocket2 MAXは、8.9型WQXGAタッチディスプレイを備えた超小型PCだ。ボディーサイズは213(幅)×149.5(奥行き)×14.2(最厚部)mm、重量は約650gとなる。IntelのCore m3-8100YのCPU、16GBのメモリー、512GBのSSDを搭載している。



 GPD WIN2は、6型HDディスプレイを備えたWindows 10搭載のポータブルゲーミングPC。十字キーやジョイスティックなど、PCゲームをどこでもプレイできる仕様だ。試遊機は4台あり、入場者たちが入れ代わり立ち代わり、同機でのゲームプレイの感触を味わっていた。



●どこから見てもコンシューマーゲーム機――SMACH Zブース



 SMACHはスペイン発のベンチャー企業。超小型モバイルゲーミングPCを開発している。展示機の「SMACH Z」は、どこからどう見ても携帯ゲーム機に見えるが、Windows 10を搭載したれっきとしたPCだ。



 現在、無印、PRO、ULTRAの3バージョンを予約受付中だ。6型フルHDタッチスクリーンは共通で、メモリーやSSDの最小構成はそれぞれ4GB/64GB、8GB/128GB、16GB/256GBとなっているが、カメラの有無、搭載OSも含めカスタマイズできるようになっている。



 SMACH COO&Co-founderのアントニオ・デ・ラ・トレ(ANTONIO DE LA TORRE)氏に、なぜポータブルコンシューマーゲーム機が各メーカーから発売されているのに、あえてこの形でゲーミングPCを開発したのかたずねたところ、「ゲームタイトルは、PCの方が断然多いから」とのこと。「もっと小さいゲーミングPCはあると思うが、このスペックのもので、これほど小さいものはないと思う」と語っていた。



 なお、同機にはUSB Type-C、USB Type-A、Micro USB、ディスプレイポートなどを搭載。Bluetooth接続のものも含め、マウスやキーボードなどと連携させれば、通常のオフィス業務もこなすことができる。



●「等身大の高性能ゲーミングPCを届けたい」――日本HPブース



 ゲーミングPCブランド「OMEN」を展開する日本HPでは、世界初のデュアルスクリーン搭載ゲーミングノートPC「OMEN X 2S 15」などを展示していた。



 CPUはIntelのCore i9-9880H、メモリは32GB、SSDは1TB、グラフィックスカードにMax-Q Design採用のNVIDIA GeForce RTX 2080を採用。キーボードは軽快に入力できるメンブレン式だ。



 最大の特徴は、キーボード上部に搭載した5.98型のセカンドディスプレイだ。メインディスプレイ同様のフルHD解像度で表示できる上にタッチスクリーン式なので、お手本にしたいゲームプレイ動画、チャット、SNS、楽曲のプレイリストなどを表示しておけば、プレイ画面を妨げることなく、しかも最小限の目の動きだけで確認できるという。



 セカンドディスプレイに表示したウィンドウは専用キーでメイン・セカンドディスプレイ間移動、表示/非表示切り替え、テンキー表示などが行える。マウスなどを使うことなく、キーひとつでそれらを操作できるのが魅力的だと感じた。なお、価格は39万9800円(税別)だ。



 この価格設定には「新しいものが出ても、コンセプトモデル的な立ち位置で、自分たちには買えないよね、という負の体験ではなく、良い環境を手に入れたいユーザーさまが最高の環境を用意したいというメーカー側と一体感を得ていただくため。絵の中の餅ではなく、手に取れる等身大の使ってもらえるマシンにしたい」というメーカー側の願いが反映されたものだという。



 その他、サムレストとボタンを左右で入れ替えられるため左右どちらの手にも対応した高性能マウス「OMEN Photon」や、音量をわずかな指の動きでコントロールできるロールバー式ボリュームコントローラーを搭載したキーボード「OMEN Sequencer」なども展示していた。



●仕事にも遊びにも使える薄型軽量モデルの試作機を展示――MSIブース



 ゲーミングPCとして量販店でも売り場面積を確保しているMSIは、15.6型フルHD狭額縁ディスプレイ搭載の試作機「GF63 Thin」を展示。ゲーミングPCには分厚いイメージがあるが、その名の通り21.7mmという薄いボディーが特徴的だ。



 構成はCPUがIntelのCore i7-9750、GPUはMAX-Q Design採用のNVIDIA GeForce GTX 1650、メモリ16GB、ストレージは256GB SSD+1TB HDD。エントリーモデルという位置付けのため、17万円前後の価格を予定しているとのこと。



●ゲーミングポータブルSSDも参考出展――アイ・オー・データ機器



 サーカスを模したブースを構えていたのはアイ・オー・データ機器だ。毎年、コンセプトを変えて出展しており、今回は「来場者に楽しんでいただければ」という思いで、このような展示ブースにしたという。



 アイ・オー・データ機器は、既存のゲーミングポータブルSSD「SSPH-UA」シリーズや、リフレッシュレート240Hzの27型ゲーミングモニター「LCD-GC271UXB」などの他、発売予定のゲーミングポータブルSSD「Giga Crysta E.A.G.L」を参考出展していた。



 9月16日は3連休の中日とあって、来場者数は前日を超える10万2333人。体験型、視聴型を問わず、どのブースも大変な賑わいを見せていた。



 冒頭で、マウスコンピューターによるステージ「DREAM -R6S eスポーツ STAGE-」を取り上げたが、そこでメンバーの語っていた「始めた当初はまだまだ大会もコミュニティーも少なかったが、eスポーツを子どもにやらせていると言っても笑われないほど、世の中にプロケーマーという存在や、eスポーツの存在を普及させていきたい」という言葉が、徐々に実現しつつあるほど業界が盛り上がってきているのが感じられる1日であった。


    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定