ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 日向坂46上村ひなのソロ曲、等身大の姿を映し出すMVが遂に解禁

日向坂46上村ひなのソロ曲、等身大の姿を映し出すMVが遂に解禁

0

2019年09月18日 12:40  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

秋元康総合プロデュースの「坂道シリーズ」で、今年3月リリースのデビューシングル『キュン』、7月リリースのセカンドシングル『ドレミソラシド』が2作続けてオリコン週間シングルランキング1位を獲得した日向坂46。そんな彼女達の3rdシングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』TYPE-B収録の上村ひなのソロ曲『一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない』のMusic Videoが遂に解禁となった。

『一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない』は日向坂46唯一の三期生である上村ひなののソロ曲であり、当楽曲のMusic Videoの撮影当日は天候にも恵まれ、商店街や家、学校の教室、体育館などを使用し、何かに導かれるかのように踊りだす姿や、自然体の彼女が映し出されている。
当楽曲は等身大の彼女自身を映し出した作品ともいえ、実際最初に歌詞を読んだ際には「素敵です。私のことみたいです!」と感激していた。

グループ最年少ながら、彼女にしか出せない魅力でメンバーにもファンにも愛されている上村ひなの。そんな彼女の魅力が詰まった当作品はファンならずとも必見だ。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定