ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > クレスト、スポーツ用品メーカーのエスエスケイと共同で、店舗商品ディスプレイの効果測定を開始

クレスト、スポーツ用品メーカーのエスエスケイと共同で、店舗商品ディスプレイの効果測定を開始

0

2019年09月18日 14:32  MarkeZine

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

MarkeZine

写真写真
 クレストは、エスエスケイと共同で、上野で50年以上営業している老舗「イケダヤ靴店 上野本店」内のエスエスケイ展示エリアにて、実店舗の看板やディスプレイに取り付けて視聴率計測を可能にするトラッキングカメラ「esasy(エサシー)」を導入した展示商品やディスプレイの効果測定を実施する。


 イケダヤ靴店のエスエスケイ商品展示エリアでは、これまで現場スタッフの感覚値やレジデータのみで商品展示やディスプレイに対する顧客の反応を推測していた。今後トラッキングカメラ「esasy(エサシー)」で効果測定をすることで、ディスプレイ作り・販促計画を最適化させていく。


 店舗では、イケダヤ靴店店舗における該当商品の年齢性別ごとの視聴率、展示エリアへの誘導数計測として計4台のトラッキングカメラを導入し、「ターゲット年齢の正当性」「ディスプレイと売上の相関」「視聴率の高いアイテム」等、店舗に展示されている商品やディスプレイの効果検証に基づいた販促計画の最適化や販売需要予測への活用を進めていく予定。

    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定