ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 海外のバスで運賃払えずモタモタ、怖そうな人が近づいてきて――優しい対応に心が温まる実録漫画

海外のバスで運賃払えずモタモタ、怖そうな人が近づいてきて――優しい対応に心が温まる実録漫画

2

2019年09月19日 07:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真バスの運賃支払いでモタモタしてたら強面の人が来た
バスの運賃支払いでモタモタしてたら強面の人が来た

 海外でバスの運賃を支払にモタついていたときに、強面の人が助けてくれた体験を「海外のバス乗車でモタついてたら強面紳士に電撃をくらう」として描いた実録漫画に心が温まります。



【画像】漫画を全部読む



 作者の五箇野人さんが、ヨーロッパの田舎町で定額制の市バスに乗ろうとしたときのこと。お札をくずしてコインを用意していたのに、運転手さんからICカード専用だと言われてしまいます。カードは駅で買えるのですが、駅まではバスで10分。今回だけでもなんとかならないかと思っていると、強面の人がやって来ます。ビビる五箇野人さんの前で、強面の人は運転手さんに文句を言い始めます。



 「すいません…! 降りますから…!」と恐縮する五箇野人さんに、強面の人は自分のICカードを見せて「I LOVE JAPAN. 2人分払っておいたから」と笑顔で言ってくれたのです。彼のパスケースは「ピカチュウ」。ポケモンを通じて日本好きになってくれた人だったんですね。しかも、五箇野人さんがお金を支払おうとしたら「そのお金でこの国を楽しんで」……まさにピカチュウの10まんボルトくらいしびれるカッコよさ!



 不慣れな交通機関での運賃の支払いは緊張しますよね。そこで困っているところをサッと助けてくれた強面の紳士、最高です。日本の鉄道なども複雑なので、困っている人がいたら、この紳士のように何かしらの形でサポートできるような人でありたいと思わせてくれる漫画です。



 この漫画の読者からは「自分が日本で外国人さんにこんなことできるかって考えるとこの男の人のカッコよさがよく分かりますね」「私も日本で困ってる外国人がいたら助けてあげたいと感じた夜でした」「私もアメリカでほぼ同じ経験をしました。(中略)アタフタしてたら、すでにバスに乗っていた黒人のおじさんがすっとやってきて払ってくれました」などのコメントが寄せられています。



 五箇野人さんは、単身海外取材で出会った“ドープ”な人たちを描いた漫画『世界歩いてるとドープな人にカラまれる』を出版しています。



画像提供:五箇野人さん


このニュースに関するつぶやき

  • …此れは本当に極めて希有な例、外国はジョジョ3部道中並みに危険くらいの認識で行かないと命が幾つあっても足りないと思うべき。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定