ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > Perfumeのライブは、なぜ“至上の音楽体験”をもたらすのか 3つのポイントから考察

Perfumeのライブは、なぜ“至上の音楽体験”をもたらすのか 3つのポイントから考察

1

2019年09月19日 10:21  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真Perfume『Perfume The Best
Perfume『Perfume The Best "P Cubed"』(通常盤)

 2019年4月21日、筆者はカリフォルニア州の『Coachella Valley Music and Arts Festival2019』(以下、コーチェラ)の会場にいた。いま世界でもっとも人気の高いフェスとして知られるコーチェラに、Perfumeが初めて出演したのだ。


(関連:Perfume、中田ヤスタカ楽曲やダンスはどう変化した? ベスト盤リリース発表を機に紐解く


 コーチェラは2週に渡り、ほぼ同じラインナップで開催される。初週の出演を終えたPerfumeに対し、『mixmag』『Rolling Stone』といった有名メディアは、コーチェラ初週のベストアクトの1枠として彼女たちを選出した。


 評判は上々……だったはずだが、2週目のコーチェラではPerfumeの出演時刻が迫っても、会場のゴビ・ステージには数百人ほどの観客がいるのみ。日本での知名度や人気は関係ないとはいえ、さすがに厳しい状況だった。


 しかしいざ3人が登場し、テクノロジー演出も交えながら「Future Pop」「edge(-mix)」といったアップリフティングな楽曲を連打すると、みるみる内に観衆が集まってきて、中盤以降は会場が満員に。会場の外まで人が溢れ、世界各国から集まった観客たちは日本での観客以上に、自由かつハッピーに盛り上がっていた。


 コーチェラでのPerfumeがこれほど盛況に終わったのは、同じ時間帯に強力なアクトが重ならなかったという幸運もあったかもしれないが、それ以上に彼女たちのパフォーマンスが、世界のトップクラス揃いであるコーチェラ出演者たちに引けを取らなかったからこそ、あれだけ多くの観客を惹きつけ、踊らせたのだろう。Perfumeのライブは確かに凄い。そのパフォーマンスの背景にあるものを、本稿では3つの要素に分けて考えてみたい。


1:演出・振付の妙
 まず挙げられるのは、Perfumeのメンバーが13歳のときから共に歩んでいる(『プロフェッショナル 仕事の流儀』/NHK総合)、MIKIKOによる演出と振付の妙だろう。2016年11月14日号の『コンフィデンス』のインタビュー記事によると、リオ五輪の閉会式でのセレモニーを手掛けた際、通常200〜300人のダンサーが必要とされる大規模なステージながら、諸般の事情で50人しか連れていけなかったという。しかし「そこはPerfumeなどでの経験が活きましたね。観る側の視点がどこに集中すれば良いのかを、演者の動きと音と映像と照明を全てシンクロさせることで誘導すると、例え東京ドームにたった3人しか立っていなくても、広さを味方にして3人が空気を支配しているように見せることができるんです」と彼女は語っている。この知見や工夫に基づく空間演出が、Perfumeのライブを他と一線を画すものにしている。


 また同記事によると、MIKIKOがニューヨークに留学した際、ダンス表現において現地のパフォーマーと自分たちのギャップに悩んだそうだが、その違和感は欧米人と日本人の体格差や、筋肉の質の違いに起因することに気付いてからは、日本人の体型に合った振付をより意識するようになったという。それが角度を強調することで綺麗なフォルムを形作る、いまの振付に繋がっているそうだ。


 優れた演出術と精緻でユニークな振付が、Perfumeを唯一無二のグループにしている一因と言えるだろう。


2:百戦錬磨のライブスタイル
 Perfumeはこれまでに、路上ライブから新宿LOFTや渋谷O-WESTといったライブハウス、固定席のホール、アリーナやドームなどの大会場、ロックフェス、海外ツアー、はたまた『SONICMANIA』や『Ultra Korea』といったダンス系フェスなど、非常に幅広いステージに立っている。ライブを数多く行うことで地力を付けるだけでなく、アウェイな雰囲気や他流試合の逆境を跳ね返すために試行錯誤を重ねた経験もあれば、フェスで世界各国のDJやバンドと競演することで、その優れたパフォーマンスに刺激や影響を受けることもあったはず。高い経験値と創意工夫が、彼女たちのパフォーマンスの下地になっている。


 そして映画『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』などで言及されている、MIKIKOのノートの効果も見逃せない。彼女はPerfumeのリハーサルやライブにおいて、気付いた課題や修正すべき箇所を細かくノートに書き込んでいる(筆者もライブ中にその様子を見かけたことがある)。Perfumeがこのノートを元に、日々ダンスや演出のあり方を見つめ直し、その精度を高め、改善と更新を図ってきたことが、グループとしての成長に大きく作用していることは間違いない。


 Perfumeはこれらの修練をストイックに積み重ね、場数を踏んできたことで、百戦錬磨のライブスタイルを築き上げたと言えるだろう。


3:メンバーの資質
 Perfumeの3人は各々の声質が異なるが、それゆえにユニゾンで歌うと3声が調和した独特の魅力がある。その一方で、3人の体格や身長にはあまり差異がないこともあり、ダンスのシルエットが揃って非常に端正に見える。これはヒールを履いているにも関わらず、複雑な振付を難なくこなす(ように見せる)3人の高い身体能力や技術力も大きい。


 そしてダンスという身体表現の魅力は普遍的かつノンバーバル(非言語的)であり、言語や文化の壁を越えやすい。それこそコーチェラに留まらず、世界のどの国でも通用するものだろう。


 いまの3人が偶然集まった結果、これらの要素を兼ね備えることとなったPerfume。ちょうど日本国内でも、彼女たちの楽曲がストリーミングサービスで聴けるようになったことで作品に親しむ層はさらに拡がるだろう。そしてその楽曲はライブという空間で、3人のダンスや衣装、照明、音響、映像やテクノロジー演出、さらには観客の熱量と一体化する。そんなPerfumeの真髄であるライブは、至上の音楽体験でもあるのだ。(tk8)


このニュースに関するつぶやき

  • イイね♪
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定