ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 【子ども】秘めた力を発揮!「ゴールデン・ポテンシャル・キッズ」の育て方

【子ども】秘めた力を発揮!「ゴールデン・ポテンシャル・キッズ」の育て方

1

2019年09月19日 10:32  ウレぴあ総研

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
親が子どもに望むことは何でしょうか? それは、この先の人生で待ち受けている大小さまざまな問題に、自分で対処できる力をつけてほしいということに尽きますよね。

頭のいい子の親はやっている!「子どもが自ら学び伸びる人間」になる親の行動が判明

そこで今回ご紹介するのは、田中ウルヴェ京さん著『たった3秒で子どもが変わる! 言葉の魔法』をもとにした、子どもが秘めている力をフルに発揮できるようになる方法です。

この著者名、どこかで聞いたような……と思った方も多いはず! 田中さんはシンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング)・デュエットのソウル五輪銅メダリスト。その後はメンタルトレーナー、コーピングコーチとして活躍中です。

その田中さんが提唱する、心理学の「コーピング」の技法を応用した子育てスキルとは!?

■自分を幸せにする力をつけよう!

著者曰く、「自分で自分を幸せにする力を持つ子が一番強い」。

スポーツに限らずあらゆるジャンルにおいて、また、大人にも子どもにも言えることとして、自分を幸せにする力を伸ばした人・伸ばせなかった人の間には、歴然と差があるのだとか。

自分をハッピーにする力を持った子どものことを、この本では「ゴールデン・ポテンシャル・キッズ」と呼んでいます。

では、わが子に「ゴールデン・ポテンシャル・キッズ」として育ってもらうには? 具体的な方法に迫っていきます!

■自分の感情に自分で気づいてもらう

「こうするべき」と親の常識を押しつけたり、親の都合で操ったりするのはNG!

親や周りの大人から「やらされている感」があると、子どもは自分が何をしたいのかが分からなくなってきて、幸せ力が落ちてしまいます。これで意欲や対処能力が錆びてしまう子どもが、どれだけいることでしょう。

大切なのは、子ども自身の感情です。やるべきかどうかではなく、やりたいこと・やりたくないことは何なのか、本人に感じ取ってもらうことです。

そして、親は「それは、いつからそう思っていたの?」「その時、どう感じたの?」などと、子どもの感情を引き出す言葉をかけるといいそうですよ。

親がしゃしゃり出てきて子どもを助けるのではなく、子どもに自分自身の助け方を考えてもらうための、大事な一歩です。

■魔法のポジティブ・プッシング

さらに「ゴールデン・ポジティブ・キッズ」としての力をつけてもらうには、スポーツ心理学のジム・テイラー博士が唱える「ポジティブ・プッシング」がオススメとのこと。

子どもが、自分についてポジティブなイマジネーションをふくらませる。それができれば、勉強やスポーツ、習い事ほか、さまざまな物事に対するモチベーションアップにつながっていきます。

そういう感覚が養われるよう、親は言葉の力でプッシュしてあげましょう。

ここからは、「ポジティブ・プッシング」の考え方をいくつかピックアップします。

■私は愛されている(自己親愛感)

子どもには「あなたは愛されている・信じてもらえている」という感覚を得てもらいましょう。

それができるのは、やはり親という存在です。「大好きだよ」「あなたのことが大事だよ」「生まれてきてくれてありがとう」などと、親が折にふれて言葉や表情に出して伝えていくのが良いそうです。

愛されているという感覚がある子には、「これをしたら親が悲しむ」という想像力もつくそう。親が注意しなくても、子ども自身が「してはいけないこと」を考えてくれるきっかけになりますね。

■私にはできる!(自己効力感)

続いては、「自分にはこれができる!」という、自分の可能性を認知してもらいましょう。

子どもがそれまでできなかった何かをできるようになったら、親はすかさず喜ぶと良いそうです。

「昨日までは〇〇できなかったのに、今日はできたね」などと、できたこと・できなかったことを対比させた言い方をすると、より効果的だそうですよ。

特に「ママが言わなくてもできるようになったね」というのは、魔法の言葉らしいです。子どもの中で「やり続ければできるようになる!」という感覚が育まれてくるそうです。

■自分の行動に責任を持つ(自己責任感)

基本的に、モノの片づけのような日常的なことには、親が手を貸さないのが田中家のルールだそう。

黙っておけば誰か(主にママ)がやってくれるという状況では、子どもの自発性は眠ったままです。子どもの身に危険が及ばないことであれば、親は動かないほうがいいのです。

部屋が片付かないのは、散らかした人の責任。自分が処理しなければ物事は片付かないのだと、早い段階から認知してもらいましょう。

■自分のやっていることが楽しい(自己幸福感)

田中さんは、「〇〇ちゃんは、どんな時が幸せ?」という問いかけを、親子の会話に組みこむことを推奨しています。

ゴールデン・ポテンシャル・キッズには、「生まれてきてよかった」くらいに、あるがままの自分を幸せに感じている状態が似合うからです。他人の評価を気にしたり、誰かのために自らを犠牲にしていたりする人生は不幸せ。自分が思い描く幸せを大事にしてもらいたいもの。

この子にとっての幸せとは何なのか? それは、好きなだけ寝ていることだったり、友達と遊ぶことだったり、給食の時間だったり……と、一人一人に違う幸せがあって、すべてが正解です。

答えは何でもOKなので、考えてもらうきっかけだけは、親が言葉で与えてくださいね。

■私は変われる!(自己変容感)

ありのままの自分を受け入れるのも素敵ですが、何かに失敗してしまった時、自分を変えようとしてもいいですよね。人は変われる、という可能性を感じてもらうことも重要です。

そのためにも、子どもが何か変わったことに気づいたら、親は声をかけるといいと、田中さんは伝えています。努力して何かを変えたことについては、ほめ言葉をかけてほしいとのこと。

また、ほめる時だけではなく、「背が伸びたね」というような、ちょっとした変化に声をかけるのもいいそうですよ。

自分は変わっていくし、変わってもいいのだと知ることも、子どもをポジティブマインドにしていきます。



子ども自身が自問自答して行動を選び、自分のしたこと、あるいはしなかったことに責任をとる。それを日常的に繰り返していけば、子どもが自分を幸せにする力は磨かれて、ぴかぴかに光り出します。

併せて、ママも自らにポジティブ・プッシングを行ってみるのもいいかもしれません。

昨日までは子どもに「〇〇しなきゃダメでしょ!」と、子どもの可能性を狭めるような言い方をしていたのをやめられたら、親も「今日は考えを押しつけずに話すことができたね!」と自分をほめていくと、親力が伸びるのではないでしょうか。

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定