ホーム > mixiニュース > コラム > 診察を「録音」医師が戸惑う意外な理由 患者が伝えるべきセリフとは

診察を「録音」医師が戸惑う意外な理由 患者が伝えるべきセリフとは

3

2019年09月19日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真医師が困る患者は「巷の情報を妄信」(AERA 2019年9月23日号より)
医師が困る患者は「巷の情報を妄信」(AERA 2019年9月23日号より)
 アエラが行ったアンケートで浮き彫りになった医師と患者の深い溝。命に係わるいざというとき、どうしたら間違えず、納得のいく選択ができるのか。AERA 2019年9月23日号から。

【画像】こんな医師は嫌だ!患者が感じる苦手な医師

*  *  *
 大切な局面で損しない、賢い患者を目指すなら、納得しないままに医師の「オススメ」を妄信するのもNGだ。医師アンケートでも「『すべてお任せします』という患者に限って、少しでも自分の思った結果と違うと『医療ミス』だと言い募る」という指摘が複数あった。13万部を突破したベストセラー『医者の本音』の著者で、福島県にある総合南東北病院の中山祐次郎・外科医長(39)も、「納得のいく治療を受けてもらうためには、積極的に質問してほしい」と話す。

 だが、忙しそうな医師を前に、「嫌がられるのでは」と気が引けてしまうのが患者心理だ。医師に対して質問するコツを教えてくれたのは、京都大学大学院特定准教授で、『「この中にお医者さんいますか?」に皮膚科医が……心にしみる皮膚の話』の著書がある大塚篤司医師(42)だ。

 例えば、聞きたいことは事前に絞り込んでメモしておく。10個も続くと医師もげんなりすることもあるので、「三つお聞きしたいことがあります」などと質問の数を最初に明示するといい。

 説明を理解するには、「医師の話を録音する」のもひとつの手だろう。アンケートでは「録音したことがある」患者は約1割。医師の側は録音されたことが「よくある」「たまにある」が合わせて約4割いた。現状では、「いい気はしない」「言質を取られるのでは」と警戒する医師も多い。神奈川県の病院の循環器内科医師(36)はこう言う。

「コソコソ録音するのはNGで、医師との信頼関係を壊しかねません。でも、事前に言ってくれさえすれば全く構いません。きれいに音が録れるようにマイクに向けてしゃべってもいい」

「難しい用語を後で調べたい」「一度で理解できる自信がない」などの理由なら、大抵の医師は拒否しない。理解しようとする姿勢を示すことにもなる。

 次に、医師が勧める治療法に対する不信感が強く、ネット情報や民間療法に頼るケースを考えてみよう。患者がなぜそんな行動に走るのかは、やはり行動経済学にヒントがある。

 共著書『医療現場の行動経済学:すれ違う医者と患者』がある大竹文雄・大阪大学大学院経済学研究科教授によれば、「怖い」などの負の感情があると、「確実に治るとは限らないのでは」と強く感じ、とにかくリスク回避を考えるようになる。リスクを前提とした医学・統計的説明より、「あの人が助かった」「テレビでこう言っていた」という確定済みの情報を信じたくなるという。

 医師アンケートでは「抗がん剤の副作用を怖がるあまり、有効な治療ができず死亡した」という事例が目立ったが、前出の中山医師は「副作用、特に吐き気は、近年、吐き気どめの薬の急激な進歩により驚くほど改善している」と指摘する。自分が信じている情報が古い可能性は大いにある。「最新で根拠のある情報」のありかを普段から知っておくのも、必要な心得だ。

「がん患者の2人に1人は利用している」というデータもある民間療法についてはどうか。医師アンケートでは「エビデンスがないものを信じるなんて」と苦言を呈する意見が多かった。

 だが、血液・腫瘍内科学が専門で、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師は、「多くの患者が民間療法に走るのは、致し方ない事情がある」と話す。

「標準治療で思うような効果が得られなかった場合、アメリカでは最先端の療法の臨床試験が多くの病院で行われているので、そこに参加するという選択肢が患者にあります。ところが、日本では臨床試験が限られた病院でしか行われておらず、患者の選択肢があまりに少ない。医師から諦めろと言われても諦めたくない。そんな患者や家族が一縷(いちる)の望みをかけて、民間療法を選んでいるのです」

 上医師自身も他の大多数の医師同様、「民間療法のほとんどは効果がない」とみるが、気功などで「患者の心が落ち着くのであれば構わない」と考えている。

「気をつけるべきは体内に入れるもの。特に中国産のキノコ類は不純物の混入が大問題になったこともある。リスクを知ってほしい」(上医師)

 前出の中山医師は「民間療法は、現在の治療に影響がないか高額でない限り止めないが、いまの治療をやめるのは危険」と話す。「担当医に利用していると伝えてほしい。本来は医師からも聞くべき」だという。

 取材した医師らが共通して言ったことがある。

「『エビデンスがない』と民間療法を頭ごなしに否定する医師は、代えたほうがいい」

 医師たちも医師の「コミュニケーション能力」を重視している。患者との溝をなくすには必須だからだ。

 それは患者も同じだろう。「お医者さまにお任せ」という受け身の姿勢は通用しない。納得できる医療を引き出せるかどうかは自分次第。医師を見定め対話すれば、大切な局面で後悔しない選択ができるはずだ。(編集部・石臥薫子、小長光哲郎)

※AERA 2019年9月23日号より抜粋

このニュースに関するつぶやき

  • 「すべておまかせします」とは「全責任を負えよ」という意味で言っていますね?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定