ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 【100均ずぼらシュラン】ダイソーのキッチングッズ「ツナ缶スプーン」、便利で手放せない!

【100均ずぼらシュラン】ダイソーのキッチングッズ「ツナ缶スプーン」、便利で手放せない!

2

2019年09月19日 18:32  サイゾーウーマン

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真写真

安くてお得に日用品を買いに行ったつもりが、あれもこれもとカゴに入れてしまう100均ショップ。「超便利!」とほくそ笑むグッズもあれば、「買わなきゃよかった……」なトホホなグッズも潜む、魑魅魍魎な100均ワールドをズボラなアラサー女子がご案内! 私見全開でアイテムを斬る「ダイソーずぼらシュラン」開店です★

今日のダイソーアイテム【ツナ缶スプーン】

便利度:★★★★★(1本のスプーンにあらゆる機能が備わっています!)
コスパ:★★★★☆(驚きの使いやすさが高評価)
ツナ缶への対応力:★★★★★(ツナの準備が圧倒的に楽になる!)

 ダイソーって、いろんなお料理グッズがありますよね。今回は「ツナ缶スプーン」なるものが目についたので、ついつい買ってしまいました。「油切りしてすくえる!」「ツナ缶の油がしっかり切れる」というキャッチフレーズに心を掴まれたのです。これがあれば、蓋をギューッとツナに押し付けて油を切る手間がなくなりますね!

 スプーンのサイズは、一般的なものより少し長めの約19cm。横幅はおよそ3cmくらいで、トマトのように真っ赤なカラーリングが施されています。なんとこのスプーン、4通りの使い方があるんです。

 1)プルタブを開ける 2)油を切る 3)缶に残ったツナを集める 4)パウチの絞り出し――まさに“ツナ缶特化型”のスプーンの性能を、さっそく確認してみましょう。

 缶の蓋開けは、持ち手の先端のヘラみたいな部分を使って簡単に開けることができました。そして、続いてはツナの取り出し。

 スプーンがザル状になっているおかげで、スムーズにツナと油を分けることができます。缶に残った油を見てください……恐ろしい量ですよね!? 缶の溝にツナがつまった場合は、フォークのように尖った先端ですくいだせばOK。これまで、フチ裏のツナのせいで、指を切った回数は一度や二度じゃありません。今後はキケンな橋も渡らずに済みそう! 

 ネットの口コミをチェックしたら、「フチウラにフィットする! 手で取るより、ゴムベラで取るより、普通のスプーンでかき出すより、はるかに使いやすい」「プルタブ開けるのが病みつきになる楽チンさ」「缶の隅々まできれいにすくいだせる点、かなりの爽快感」と好評のよう。まったく同じ「ツナ缶スプーン」もネット上で販売されていたのですが、そちらは210円前後とダイソーのおよそ倍額でした。

 重宝するのは“ツナ缶”を使う時だけではありません。細長いクリップのような柄は、レトルト食品を使用する時にも便利。レトルトの袋を挟んでスライドさせれば、中身をキレイに取り出せます。どこまで無駄のない設計なのでしょうか……! 痒いところにまで手が届く設計に、驚きつつも大満足です。ぜひキッチンアイテムのつに取り入れてみてくださいね。

 

この記事も読まれています

【100均の収納アイテム・DIYグッズ】おすすめアイテム27選!【ダイソー・セリア・キャンドゥ・ワッツ】

ダイソー、セリアの商品をチェック! 100均ずぼらシュランバックナンバー

    あなたにおすすめ

    ニュース設定