ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 広瀬すず、デスメタル女子に

広瀬すず、ピンク髪のデスメタル女子に『一度死んでみた』初映像&ポスター

339

2019年09月20日 06:12  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『一度死んでみた』 (C)2020 松竹 フジテレビジョン
『一度死んでみた』 (C)2020 松竹 フジテレビジョン
広瀬すずがコメディに初挑戦し、堤真一、吉沢亮と共演する最新映画『一度死んでみた』が2020年3月20日(金)に公開決定。朝ドラ「なつぞら」のヒロインから一転、広瀬さんが髪を半分ピンクに染め、デスメタル女子となった特報映像と第1弾ポスターがお披露目された。



本作は、ソフトバンク「白戸家」シリーズなどを手掛けるCMプランナー/クリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光が脚本、au「三太郎」シリーズなどを手掛けるCMディレクターの浜崎慎治が映画初監督という、CM界の気鋭クリエイターがタッグを組んだオリジナルコメディ。

この度解禁された本作の特報と第1弾ポスターでは、広瀬さん演じる、売れないデスメタルバンドのボーカル・七瀬のビジュアルも初公開。髪を半分ピンクに染め全身デスメタルの衣装に身を包み、「なつぞら」で演じた真っすぐなヒロインとは180度違う、新たな魅力を開花させている。


映像では、人差し指を上に突き出したデスポーズを繰り出し、キレのあるハイキックも披露するなど、そのハジけたコメディエンヌぶりが明らかに。七瀬の父・計を演じる堤さんも、ペッタリした七三分け、とぼけた表情で“クソオヤジ“ぶりを披露。

そして計の部下・松岡を演じる吉沢さんは、端正な顔だちが隠れそうなほどの長い前髪とメガネ姿で、かつてなく“存在感がなさすぎる”キャラに! 豪華キャスト3人の、ひと癖もふた癖もある個性的なキャラクターが伺える映像となっている。

また、第1弾ポスタービジュアルでは、「生き返れ!クソオヤジ!!」とのキャッチコピーとともに、背後から吉沢さんにつかみかかる広瀬さんと、完全に困り顔の吉沢さん、そんな2人の後ろで怪しげな笑みを浮かべ幽霊のごとく佇む堤さん…と、三者三様、これから巻き起こる大騒動を予感させる仕上がりに。その裏ビジュアルでは、鋭い視線でデスポーズを決める広瀬さんの激変ぶりも目の当たりにできる。


『一度死んでみた』は2020年3月20日(金)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

このニュースに関するつぶやき

  • 『やっぱり100回位死んでから人生やり直してこい。』ってこういうときに使うんですよね尋さん。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • デスメタルの世界にこんな生温いガキはいない。
    • イイネ!237
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(208件)

あなたにおすすめ

ニュース設定