ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > ザ・ビートルズを誰も知らない! 衝撃世界の幕開け「イエスタデイ」を歌う本編到着

ザ・ビートルズを誰も知らない! 衝撃世界の幕開け「イエスタデイ」を歌う本編到着

1

2019年09月20日 19:02  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『イエスタデイ』場面写真 (C)Universal Pictures
映画『イエスタデイ』場面写真 (C)Universal Pictures
 アカデミー賞監督ダニー・ボイルの最新作『イエスタデイ』より、本編映像が到着。主人公ジャックがザ・ビートルズの名曲「イエスタデイ」を歌うものの、周囲の人々はその曲を全く知らず、ザ・ビートルズが消えてしまった世界になってしまったことを実感させる衝撃的なシーンとなっている。

【写真】“ザ・ビートルズって誰…?”『イエスタデイ』場面写真

 映画『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞8部門を受賞したダニー・ボイル監督と、『ラブ・アクチュアリー』『ノッティングヒルの恋人』などのロマンティック・コメディで知られる脚本家リチャード・カーティスがタッグを組んだ本作。「もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまっていたとしたら!?」というユニークな設定のもと、音楽、夢、友情が数々のビートルズの名曲に彩られて描かれる。

 イギリスの小さな海辺の町に住む、悩めるシンガーソングライターのジャック(ヒメーシュ・パテル)。彼は幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)から献身的に支えられているもののまったく売れず、音楽で有名になりたいという夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模で瞬間的な停電が起こり、彼は交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ますと、この世界では史上最も有名なバンド、ザ・ビートルズが存在していなかったことになっているのに気づくが…。

 解禁された本編映像は、無事退院を迎えた主人公ジャックが、退院祝いにギターをもらい、その場で「イエスタデイ」を語り弾くシーン。演奏を終えると、感動している様子のエリーが目を潤ませ、「いつ書いたの?」と衝撃的な一言を投げかける。その場にいる仲間全員がザ・ビートルズを知らず、全員がグルになってふざけていると苛立つジャックだが、終いには「ミュージシャンって奴は、誰もがマイナーなバンドを知ってると信じてる」と言われてしまう。

 ザ・ビートルズの楽曲「イエスタデイ」は、メンバーのポール・マッカートニー自身が、最高傑作と感じた曲。あまりに奇跡的な曲のため、ポールは書き上げた時、知らないうちに誰かの曲を盗んだか、夢かと思ったというエピソードを明かしている。

 脚本のカーティスは、「本編ではジャックが初めて演奏するビートルズの曲で、曲を聴いた友人の反応を見て彼(と観客)は何かがおかしいと感じ始める。友人たちはこの曲を聴いたことがないと言い、ジャックが作ったと信じている。誰もが呆然とするような完璧な曲が必要だったからこの曲に決めたんだ」とコメント。ザ・ビートルズが消えてしまった世界の幕開けとなる衝撃的な場面で「イエスタデイ」を選んだ理由を明かしている。

 映画『イエスタデイ』は10月11日より全国公開。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定