ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > アボカドの食べごろは?見分け方や熟成方法をチェックしよう

アボカドの食べごろは?見分け方や熟成方法をチェックしよう

1

2019年09月20日 19:20  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl

食べごろアボカドの見分け方を知って、おいしい料理に変身させよう!


■いつがベスト?アボカドが一番おいしい旬の時期をチェック

【詳細】他の写真はこちら


出典:photoAC

一年中スーパーで見かけるようになったアボカド。実は、そんなアボカドにも一番おいしい“旬”の時期があるのをご存知でしょうか。普段見かけるアボカドは、一般的に輸入のものばかり。日本国内でも沖縄や和歌山などで栽培されていますが、その数はわずかです。アボカドの旬は、日本では5月〜7月頃とされています。しかしアボカドを栽培している国によって旬がことなるため、1年中おいしいアボカドがスーパーなどで出回っているのです。

■アボカドの食べごろの見分け方・選び方 その 肇掘璽襦

出典:筆者撮影

アボカドを買うと、皮の部分にシールが貼られていると思います。このシールには、原産国やアボカドのブランド名などが書かれているのですが、注目すべきはその色。アボカドに貼ってあるシールには、食べごろの色をベースとしたものが多く、“シールの色と皮の色が同じになれば食べごろですよ”とわかりやすく表記してくれているのです。普段何気なく剥がしてしまっていたアボカドのシールですが、食べごろを見分けるためのヒントが隠されています。

■アボカドの食べごろの見分け方・選び方 その◆反А

出典:アボカドのむき方はとても簡単!ユニークでクセになる皮むき方法もご紹介♡

アボカドをスーパーで買ってきてその日のうちに食べたいというときは、皮が“チョコレートのような黒色”になっているものを選ぶのがベスト。画像を見てもわかるように、まだ熟しきっていないものは皮が緑っぽい色。熟しているものは、皮が黒っぽい色へと変色します。買い置きする場合などは、反対に緑色のものを選ぶのがポイント。どのタイミングで食べるのかを考えて、皮の色をチェックするのがおすすめです。

■アボカドの食べごろの見分け方・選び方 その“形”

出典:photoAC

アボカドは、その形にも食べごろかどうかのヒントが隠されています。スーパーなどでずらっと並んでいるアボカドを見ると、さまざまな形をしているものがありますが、どれもが正解かと言えばそうではありません。おいしいアボカドを見分けるには、“涙型”に着目して選ぶのがコツ。きれいな涙型をしているかどうかが、おいしいアボカドかどうかの違いとなるのです。細長いものや丸みの強いものなどがありますが、できるだけきれいな涙型のものを選ぶようにしましょう。

■アボカドの食べごろの見分け方・選び方 そのぁ塙鼎機

出典:アボカドのむき方はとても簡単!ユニークでクセになる皮むき方法もご紹介♡

おいしいアボカドの見分け方として、一番わかりやすいのが“硬さ”です。アボカドを買うときにも、無意識のうちに硬さをチェックする人が多いのではないでしょうか。その見分け方は、大正解!しかし、まだ購入前のアボカドをベタベタとさわるのは避けたいところです。よさそうなアボカドを手に取り、指でやさしく押してみるのがベスト。適度なやわらかさと弾力のあるものが見つかれば、そのアボカドを購入するといいでしょう。

■アボカドの食べごろの見分け方・選び方 そのァ犯蕁

出典:photoAC

アボカドは、皮の見た目にもそれぞれ違いがあります。おいしいアボカドかどうか見分けるには、皮に“ツヤ”と“ハリ”があるかどうかをチェック!皮にシワがあったり、少し浮いているように見えたりするものは、すでに熟しきってしまっているというサインです。スーパーでアボカド選びをするときは、皮の状態もよく観察するようにしましょう。

■アボカドの食べごろの見分け方・選び方 そのΑ肇悒拭

出典:photoAC

アボカドを選ぶとき、ヘタに注目したことはありますか?意識してみる機会の少ないヘタの部分も、アボカドを見分けるときに大切なポイントとなります。 アボカドが熟していくと、まずヘタに変化が。ヘタから熟していくので、乾燥したり浮いて取れかかったりしてしまうのです。 ヘタのまわりがやわらかくなっていたりヘタが取れてしまったりしているものは、実の部分が茶色く変色してしまっていう可能性大。失敗しないためにも、ヘタの部分もしっかりと観察しましょう。

■まだ硬いものはどうすればいい?アボカドを食べごろにする方法

出典:photoAC

買ってきたものの、まだ硬くてすぐには食べられそうにないアボカド。みなさんは、どのように対処していますか?実はアボカドは、自宅で追熟させることができる果物。コツさえつかめば、家できちんと食べごろの状態にまで持っていくことができるのです。アボカドを食べごろにするには、“リンゴ”や“バナナ”などのくだものといっしょに袋に入れておくのがおすすめ。アボカドといっしょに袋へ入れた果物たちから、“エチレンガス”が発生します。エチレンガスには、植物や果物などの成長を促す効果が期待できると言われているため、アボカドの追熟にももってこい。まだ硬いアボカドは、リンゴやバナナと保存が鉄則です。

■いつまでもおいしく食べたい!アボカドの保存方法

出典:photoAC

アボカドは、どれくらい熟しているかによって保存方法が異なります。まだ皮が緑っぽくて硬さもある状態のアボカドは、常温で保存しておくのがおすすめ。常温保存することで食べごろの状態にまで熟成させることができるので、まだ食べごろを迎えていないアボカドは冷蔵庫へ入れないようにしましょう。すでに食べごろを迎えているアボカドは、冷蔵庫の野菜室で保存するのがベスト。冷蔵室では温度が低すぎて変色してしまう可能性もあります。アボカドの熟成を止めながらも実に影響を与えない温度の野菜室が、食べごろアボカドを保存するのに最適な場所と言えるのです。

■正しく見極めてアボカドのおいしさを堪能しよう!

出典:photoAC

おいしいものかどうかの見極めが難しいと感じている人も多い、アボカドの見分け方。食べ方によってもちょうどいい熟成具合が異なるので、正しい見分け方をマスターしておくのは意外と大切なのです。スーパーで思っていたような熟し具合ではないアボカドを買ってしまわないためにも、見分け方を覚えておきましょう。

このニュースに関するつぶやき

  • #4225が美味しい。ものによっては種ばかり大きいのもあるし、重い物を選んで野菜室に保存。2、3日前に常温に出して黒くなったら、食べ頃。いい加減な記事だね。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定