ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 究極の映画愛がモンスターを生む『ゴーストマスター』予告&謎の変貌ビジュアル解禁

究極の映画愛がモンスターを生む『ゴーストマスター』予告&謎の変貌ビジュアル解禁

2

2019年09月20日 20:12  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『ゴーストマスター』メインビジュアル (C)2019『ゴーストマスター』製作委員会
映画『ゴーストマスター』メインビジュアル (C)2019『ゴーストマスター』製作委員会
 俳優の三浦貴大と女優の成海璃子がダブル主演を務める映画『ゴーストマスター』より、予告映像とメインビジュアルが解禁。壁ドン&キラキラ青春映画の撮影が、阿鼻叫喚の地獄へと変わっていく様子が映し出される。

【写真】主演俳優に悪霊が憑りついた!『ゴーストマスター』場面写真

 本作は、志の低い低予算映画の過酷な製作現場でこき使われた助監督の不満が爆発し、ついには悪霊を呼び寄せてしまうというホラーコメディ。本作の企画で「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM」の準グランプリを受賞したヤング ポール監督の長編デビュー作となる。三浦は監督やスタッフから怒号や罵声を浴びせられながらも懸命に撮影現場を右往左往する、B級ホラーを愛するオタクの助監督・黒沢明役、成海は黒沢が憧れる女優・渡良瀬真菜役をそれぞれ演じる。

 予告映像は、ホラー映画の脚本「ゴーストマスター」を書き温めていた黒沢(三浦)が、敬愛する巨匠トビー・フーパーの『スペース・バンパイア』のような映画にしたいと、女優の渡良瀬真菜(成海)に自身の映画愛を伝えるシーンから始まる。やがて過酷すぎる撮影現場でうっ積した黒沢の不満と怨念のような映画愛が、黒沢のこの“脚本”に悪霊を宿し、主演俳優の桜庭勇也(板垣瑞生)に憑りついてしまう。モンスターと化した勇也は、現場を血の海に変えていくが…。

 切迫した映像の中にもコメディタッチのシーンや台詞が多数散りばめられ、あらゆるジャンルが凝縮されていることが感じられる予告となった。

 メインビジュアルでは、謎の変貌を遂げた三浦と成海の衝撃的な姿を中心に、背景はフィルムのデザインを施された無数の場面写真が敷きつめられたもの。さらに「全シーン、全カット、命がけ。」「究極の映画愛。」というコピーが印象的に添えられている。

 なお、公開を記念して、本作のコピーにもなっている「究極の映画愛」キャンペーンの実施が決定。参加者の中から抽選で、世界に1つしかない、撮影で使用された小道具「究極の脚本」が贈られる。詳細は公式サイトにて。

 映画『ゴーストマスター』は12月6日より全国順次公開。

このニュースに関するつぶやき

  • ☆ 最終的にそのオバケ達を掃除機で吸って退治するのか?(←違
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定