ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > ラグビーW杯で大役 平原綾香が新曲MV公開、相手役には福士誠治

ラグビーW杯で大役 平原綾香が新曲MV公開、相手役には福士誠治

0

2019年09月20日 21:30  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

20日、東京スタジアムで行われたラグビーワールドカップ2019の開幕戦、日本対ロシア戦の試合前に行われた両国の国歌斉唱における日本国歌斉唱者という大役をその圧倒的な歌唱力で務め上げた、シンガーソングライターの平原綾香。

彼女が8月にリリースしたオリジナル・アルバム『はじめまして』に収録された、槇原敬之による書き下ろし新曲『はじめまして』のMUSIC VIDEOが本日ついに公開となった。

槇原敬之が描いた、争い合う国に住む男女のはかない恋の物語を、映像作家の高橋洋平が幻想的な映像美で切なく紡いでいる。女性役を平原綾香が、そして男性役には人気俳優で歌手としても活動中の福士誠治を迎えた。ふたりの“泣くシーン”がとても切なく感動的で、まるで映画のような作品となっている。

なお、アルバムには同曲のオリジナル・バージョンとアコースティック・バージョンが収録されているが、今回はこのMUSIC VIDEOのために平原綾香自身が両バージョンをミックスし新たな音源を制作、映画音楽のようなスペシャル・バージョンが完成した。

ニューアルバム『はじめまして』は、平原綾香がメリー・ポピンズ役の吹替声優とエンドソングを担当して話題となった、“ディズニー映画『メリー・ポピンズ リターンズ』日本版エンドソング”の『幸せのありか』をはじめとして、”日商エステムグループ イメージソング“の『I Love You』、“アドベンチャーワールド 40周年記念テーマソング”の『5つの魔法』、“東海ラジオ開局60周年記念ソング”の『Radio Radio』といったタイアップ楽曲のほか、Cocco(『風凛雪花』)、藤井フミヤ(『恋』)、槇原敬之(『はじめまして』)といった錚々たるアーティストが本作のために書き下ろした楽曲も収録。さらに、テレビでカバーして話題となったさだまさしの名曲『いのちの理由』のカバー、そして平原綾香自身の書き下ろしによる新曲など、多彩な楽曲群が収められている。

近年は活躍の場が音楽のみに留まらず、ミュージカルでも高い評価を得ている平原綾香。今年1月に『オペラ座の怪人』の続編『ラブ・ネバー・ダイ』でクリスティーヌ役を演じ、7月には新たなチャレンジとして横浜アリーナで開催されたフィギュアスケート×源氏物語『氷艶hyoen2019−月光かりの如く−』で、盒饗臺絮蕕犬觚源氏が想いを寄せる桐壺更衣/藤壺宮役として、自身もスケートを滑りながらの演技と歌唱を披露した。

また、来年2020年11月には、キャロル・キングの半生を描いた大人気ミュージカル『ビューティフル』の再演が東京・帝国劇場で上演されることも発表されたばかりだ。平原綾香はふたたび主役のキャロル・キング役を演じる。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定