ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 救世主・メヒアの一撃で西武が「M4」!今季6号は松井裕樹から3発目

救世主・メヒアの一撃で西武が「M4」!今季6号は松井裕樹から3発目

20

2019年09月20日 22:20  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真西武がサヨナラ勝ちでマジック「4」
西武がサヨナラ勝ちでマジック「4」
○ 西武 5 − 3 楽天 ●
<21回戦・メットライフ>

 西武が劇的サヨナラ勝ちで3連勝。優勝へのマジックナンバーを「4」に減らした。

 今季ここまでの対戦成績で負け越す楽天との勝負の4連戦に挑む西武。リーグ連覇への最後の試練、その初戦は西武がルーキーの松本航、楽天は左腕の塩見貴洋という両先発の投げ合いで静かにスタート。5回まで0−0という息をのむ投手戦が続いていく。

 試合が動いたのは6回裏。西武が一死満塁のチャンスから森友哉の適時打で2点を先制。ついに塩見から得点を挙げると、代わった宋家豪に対して中村剛也の内野ゴロの間にもう1点。一気に3点を挙げて主導権を握る。

 ところが、西武先発の松本航も7回表に連打でピンチを招き、銀次に適時打を浴びて失点。なおも残ったピンチでバトンを受けた2番手・平良海馬もこの流れを食い止めることができず、藤田一也の内野ゴロ間と辰己涼介の適時打で失点。3−3と試合を振り出しに戻されてしまった。

 それでも、同点のまま迎えた9回裏。先頭の山川穂高が安打で出た後、代打・熊代聖人は3バント失敗。嫌な流れになりかけたところで、代打で登場したエルネスト・メヒアが追い込まれながらも松井裕樹の高め速球をジャストミート。確信をもって歩き出すと、高々と舞い上がった打球はライオンズファンが待つレフトスタンドへ。ひと振りでチームを勝利に導いた。

 来日6年目で通算130本目の本塁打は、来日初のサヨナラ本塁打。かつては本塁打王にも輝いた大砲だが、昨季から徐々に出番を減らすと、今季もここまでの一軍出場は70試合。昨年から西武の看板となりつつある“山賊打線”の中心に君臨する力はありながらも、なかなかスタートから試合に出られないという苦しい戦いが続いているが、この最終盤の大事な試合で自らの価値を改めて証明して見せた。

 なお、メヒアの本塁打はこれが今季6号にして、松井裕樹から放った3本目の本塁打。それも今季の全6本中4本は楽天からと、チームとしては苦しんできた楽天を相手に結果を残しているだけに、あすからの敵地での3連戦でも期待がかかってくる。

 犬鷲討伐のキーマンとして、チームを優勝へと導く救世主になるか…。あす以降もメヒアのバットに大きな期待がかかる。


文=尾崎直也

このニュースに関するつぶやき

  • 松゛井裕樹も被弾の多いクローザーだが、合併球団の増゛井浩俊よりは抑えてる気がする。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • これはライオンズ逃げ切りそうやな… https://mixi.at/aeQbUvy
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

あなたにおすすめ

ニュース設定