ホーム > mixiニュース > トレンド > 初心者も楽しめる爆釣スポット

初心者でも釣りの魅力は味わえる。おすすめの爆釣スポットは…

50

2019年09月21日 09:12  日刊SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊SPA!

写真一之瀬丸 (c)週刊つりニュース
一之瀬丸 (c)週刊つりニュース
 残暑が和らぎ、釣りをしながら浴びるそよ風が気持ちいいシーズンになってきた。昨今はやりのアウトドアのなかでも、釣りは“人類最古の趣味”とも言えるほどの歴史と奥深さがありながら、初心者でもハードルが低いのが魅力。最近は“釣りガール”と呼ばれる釣り好きの女性も増加中だ。

 今回は、初心者でも楽しめる釣り方と場所について、釣りの専門紙『週刊つりニュース』編集部の高崎稔弘氏に話を聞いてみた。

◆釣り堀、海釣り施設、船釣りがおススメ

 高崎氏がまずオススメするのは、釣り堀。都内であれば、「市ヶ谷フィッシングセンター」(新宿区)や「品川フィッシングガーデン」(品川区)など、10数か所の釣り堀があり、ゲームセンター感覚で手ぶらで行っても全然OK。圧倒的にお手軽で、料金はおおよそ1000〜2000円で楽しめる。釣り方もスタッフに聞けば、丁寧に教えてくれる。

「エサのつけ方なども教えてくれますし、イケスのなかに大量の魚が泳いでいるので、難易度はかなり低い。それでも、魚を釣り上げる喜びは十分に味わえます」(高崎氏)

 もう少し“らしい”釣りを楽しむなら、海釣り施設と呼ばれる堤防釣り専用のレジャー施設がいい。横浜市内の「本牧海釣り施設」、「大黒海釣り施設」などが有名で、安全に釣りが楽しめるように堤防沿いに柵が設けられ、釣り道具の販売やレンタルなども行っている。初心者向け教室を定期的に開いているので、ホームページから予約して参加できる。施設利用料は1000円前後なので、フトコロにも優しい。

「海釣り施設ではプランクトンが集まりやすいよう、海底にブロックが落としてあり、季節ごとにさまざまな魚が集まります。とはいえ、常連客など周囲に釣り客が多いので、釣れるかどうかは運や実力にも左右されます」(高崎氏)

 たくさんの魚を釣り上げるなら、“船釣り”がオススメだ。アクセスが良いのは東京湾で、川崎、鶴見、金沢八景などの神奈川方面のほか、浜松町、平和島、浦安など東京・千葉方面からも多数出船している。

「この数年で人気なのは、アジ釣りですね。なかでも、軽量の重りを使った釣竿で釣る“LTアジ”と呼ばれるものは、初心者でも釣果が見込みやすい。船宿によっては、午前や午後など、半日だけで楽しめるものもあります」(高崎氏)

 船釣り業者は多数あるが、浦安の「吉野屋」や金沢八景の「一之瀬丸」などは老舗の部類に入り、経験豊富。料金は丸1日で1万円前後、半日で6000円前後が目安となる。船釣りは魚がたくさんいるポイントまで移動して釣り糸を垂らすので、初心者でも釣れることが多いのだ。

◆近場の公園でサクッと楽しむ「フナ釣り」

 釣った魚を食べなくても良いなら、“フナ釣り”がオススメ。淡水魚なので海まで行く必要がなく、近場の公園の池などで釣れるのだ。

「釣りの世界には『フナに始まりフナに終わる』という格言があり、かつてフナは身近な川などで簡単に釣れる魚でした。いろいろな釣りを経験して年配になったあとも、再びフナに回帰するのです」(高崎氏)

 「ウサギ追いしかの山〜、小ブナ釣りしかの川〜♪」でおなじみの童謡「ふるさと」にも登場するフナは、ザリガニ釣りのような感覚で一年中釣ることができ、いい気分転換になりそうだ。

 都内であれば、「行船公園」(江戸川区)、「元渕江公園」(足立区)、「水元公園」(葛飾区)、「見次公園」(板橋区)、「赤塚溜池公園」(板橋区)、「清水公園」(目黒区)、などが、身近なフナ釣りスポットとしてあげられる。探してみると、結構あちこちにあるようだ。

「『上州屋』、『キャスティング』など大手の釣具店に行って、初心者向けの釣り具セットを買いつつ、近場のフナ釣りスポットを教えてもらうのも良いでしょう。釣り具セットは初心者向けのものであれば、2000円程度で売られています」(高崎氏)

 エサは粘土状の練りエサのほか、「フィッシュワゲット」という名称のチューブ状のエサも扱いやすい。

「釣りは何歳からでも始められますし、すごく良い暇つぶしになりますよ。釣れたらもちろん楽しいですが、釣れないときも散歩がてら場所を移動したり、のんびり釣り糸を眺めていたり、自然と戯れることができます。釣れない時間も楽しむ余裕があるといいですね」(高崎氏)

 近くにフナのいる公園があれば、サンダルを履いて自転車でぶらりと行ってもいいし、費用もエサ代ぐらいしかかからない。まずは釣り具屋さんに行ってみるところからスタートするとよさそうだ。普段とちょっと違う休日をエンジョイできるはず!<取材・文/西谷 格>

このニュースに関するつぶやき

  • 小鯵釣りなら誰でも釣れる。道具もセットで2000円しないくらい。食べて旨いのは岩場で釣るカサゴやソイ。竿はその辺の竹(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • なんだよ、えらくまともな記事。さては記者さん最近釣りにハマったな。
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(28件)

あなたにおすすめ

ニュース設定