ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 夫とのムダな争いを避けるために「知っておきたい男性心理」4選

夫とのムダな争いを避けるために「知っておきたい男性心理」4選

11

2019年09月21日 11:32  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
「こんなに私が忙しくしてるのに、全然動いてくれない!」

え、この間言ったよね!? 「すぐ忘れる夫」あるあるとトラブル解消法

「私のことをちっとも理解してくれていない!」

「いつもテレビやスマホにばっかり集中して!」

「なんでこんな大事なこと忘れるの!?」

などなど…。このような夫への不満から、喧嘩に発展、そして険悪なムードになってしまう夫婦は少なくありません。

夫への不満は、男女の性差からきているものがほとんど。男性心理を理解することで、夫婦喧嘩を少なくすることができます。

夫とのムダな争いを避けるために知っておきたい男性心理を4つご紹介します。

■1.男は『言わないと分からない』生き物

ご飯の用意に子どもの相手、こっちは忙しく動き回っているのに、呑気にテレビを見て笑っている夫…。

体がしんどくて助けてほしいのに、子どもの世話もせず自分のことばかりしている夫…。

こんな姿を目の当たりにすると、「私の様子を察して、気を効かせて動いてくれたらいいのに!」と怒りが湧き上がりますよね。

しかし、男性には、女性側が求める『言わなくても察してほしい』という思いは通じません。

男性は競争心や闘争心は強い一方、他者に対する共感や調和する能力は女性に比べてめっぽう弱いのです。また、男性には『他人に助けを求めるのはカッコ悪いこと』という心理があります。

なので、あまり人に積極的に助けを求めようとしませんし、他人に対しても助けを求められるまでは助けようとしません。頼まれてもいないのに相手を助けようとするのは相手のプライドを傷つける”無礼な行為”とさえ思っています。

妻に対しても、「自分の手が必要だったら、何か言ってくるだろう」と思っています。

そう、男性は『言わないと分からない』生き物なんですね。

解決策としては、「私が夕食の用意をしている間、子どもの宿題を見てあげてくれない?」と、具体的にやってほしいことを伝えること。その方が動いてくれますし、イライラも争いも防げます。

■2.男は『問題解決思考』

夫に仕事や育児の悩み、愚痴を打ち明けたら、「そんなときはこうすればいいんだよ!」と余計なアドバイスをドヤ顔でされてイラっとしたり、「しっかりしろよ、大体お前はいつもさあ〜」とダメ出しをされて腹が立った経験、ありませんか?

「そんなの知らないよ、自分で解決しろよ」と冷たく言い放たれ、口論になってしまった女性もいるようです。

妻としては、ただ話を聞いて気持ちを分かってほしいだけなのに…。

「大変だったね」「いつもありがとう」とねぎらってほしいだけなのに…。

なぜ夫は黙って話を聞いてくれないのでしょう?

これは、男性は『問題解決思考』だからです。

男性は、悩み事や愚痴を打ち明けられたら、『解決してあげなくちゃ』という心理に駆られます。

「相手は解決策を欲しくて自分に相談してきているはずだ」と思っています。そして、自分には解決できない問題を打ち明けられると、「なんでそんなこと俺に言ってくるんだ?」とイライラします。

そういう思考の男性に悩み事や愚痴を打ち明けても、不満が溜まるだけです。

もし、どうしても夫に聞いてもらいたいなら、「話を聞いてもらえるだけでスッキリするから、黙って最後まで聞いてて」とあらかじめ言ってから話すこと。

ただ、そうあらかじめ言っておいても、それでもアドバイスやダメ出しをしてくる男性はいるということを頭に入れておきましょう。

■3.男はストレスが溜まると『殻に閉じこもる』傾向がある

仕事から帰ってくるなりテレビをつけてスポーツの試合をずっと集中して見ていたり、スマホゲームに熱中していたり…。

妻としては夫のそんな姿はイライラするものですが、あれは夫なりのストレス発散方法です。

女性はストレスが溜まったら、ショッピングをしたり、好きな物を食べたり、誰かに話を聴いてもらうことで発散しますが、男性はストレスが溜まると『殻に閉じこもる』傾向があります。

テレビやスマホなど何かに集中することで、自分だけの世界に入り、解決しなければならない問題から頭と心を解放させているのです。

夫がテレビやスマホに集中していたら、「ムダな時間を過ごして…」と思わずに、「ストレスを発散させているんだな」と思いましょう。

夕食時など家族団欒の時間帯にテレビやスマホに集中して欲しくないなら、「この時間は家族で今日あった出来事とか話したいから、テレビを見るのはやめましょう」と伝えておくこと。

そして、後でゆっくり夫が殻に閉じこもってストレスを発散できる時間帯や空間を作ってあげましょう。

■4.男は『一点集中型』の生き物

大事な用件や用事、約束をいつも忘れる夫にイライラし、「なんでこんな大事なことすぐ忘れるの!?」と怒りを抱いている女性も多いでしょう。

男性は、『一点集中型』の生き物。男性は、女性のように複数のことに気を配る器用さはありません。何かに集中していると、他のことは疎かになります。

では、家庭の大事な用事を忘れる夫は、何に集中しているのか?というと、それは仕事です。

仕事に神経をほぼ使っているので、家庭のことまでなかなか気が回らないのです。

また、男性にとって仕事をがんばることは、『妻への最大の貢献であり、愛の証』なのです。

妻としては、こちらが言ったことをすぐ忘れる夫に対して「私のことを大事に思っていない!」「家庭のことを優先してくれない!」という想いが湧くかもしれませんが、夫は仕事をがんばることで、「自分は妻に最大の愛を与えている」と思っています。

解決策としては、忘れてほしくないことは、何度も伝えること。1回、2回で覚えてもらうのは不可能です。最低5回は伝えるようにしましょう。前日確認は必須です。また、口頭で伝えるだけでなく、スケジュール帳にその場で記入してもらう、LINEでも伝える、などの工夫も必要です。



男性心理を理解しないで夫にイライラや不満をぶつけてばかりでは、夫婦はいつまで経ってもわかりあえません。

男女間の違いを意識し、相手に伝わるようなコミュニケーションを心がけたいですね。

このニュースに関するつぶやき

  • こういう決めつけをしているうちは、上手くいくことはない。大体、相手に会話の中身を期待するというのは、コミュニケーションとして、あり得ない。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 男性はこう言う傾向にあるので分かってあげようと女性に訴えかける記事は多いけど、だから気をつけましょうと男性に訴えかける記事は見たことがないなぁ…
    • イイネ!17
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定