ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 理不尽なリプライを非表示にできる新機能、Twitterが日本と米国で提供

理不尽なリプライを非表示にできる新機能、Twitterが日本と米国で提供

3

2019年09月21日 15:01  Techable

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
Twitterは、自身のツイートに対するリプライが理不尽だったり、攻撃的なものであったりするときに、そうしたリプライを非表示にすることができる機能を日本と米国で提供すると発表した。

「ユーザーがより会話をコントロールできる」ようにするための措置で、ユーザーの多い2大マーケットで他の地域に先駆けて導入する。・カナダでのテストを踏まえリプライを非表示にできる機能はこれまでカナダでテストされてきたが、その有用性が認められ、今回テスト地域を拡大する形だ。

同社の研究・調査によるとテストでは、ツイートに関連性が認められない、攻撃的である、意味不明といったリプライをユーザーが非表示にする傾向が浮かび上がった。

また、リプライを非表示にされた人の27%が、非表示をきっかけに他の人とソーシャルメディア上でどのようにやり取りするかを今後考え直す、と答えたという。・ワンタップで再表示もTwitterに限らずソーシャルメディアでは、誹謗中傷やいじめ、フェイクなどが問題となっていて、これらの対策としてTwitterではこれまでアカウントのブロックや、特定キーワードによるミュートなどの機能を提供してきた。

今回のリプライ非表示機能では、リプライを完全に削除するわけではなく、あくまでも「多くの人が目にすることがないよう、見えなくする」というもの。タップして再度表示することもできる。

かなり使えそうな機能ではあるが、実は有用なリプライを独断で非表示にする、という使い方が想定されなくもない。日本と米国という巨大マーケットのユーザーがどのように活用するかによって、同機能をグーローバル展開するかどうか判断することになりそうだ。

Twitter

(文・Mizoguchi)

    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定