ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > i☆Ris、19thシングル「FANTASTIC ILLUSION」座談会、アニソンを歌うユニットで良かった

i☆Ris、19thシングル「FANTASTIC ILLUSION」座談会、アニソンを歌うユニットで良かった

3

2019年09月21日 18:02  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
●!「FANTASTIC ILLUSION」はとにかく楽しい
声優とアイドルのハイブリッドユニットのi☆Risが、8月28日に18枚目のシングル「FANTASTIC ILLUSION」をリリースした。

「FANTASTIC ILLUSION」は現在放送中のTVアニメ『手品先輩』の主題歌。今回は彼女たちに、シングルについてや、最近のワクワクドキドキについて聞いた。
○まずおすすめしたい楽曲に

――新曲の「FANTASTIC ILLUSION」。楽曲を最初に聴いたときの印象は?

山北 「めっちゃセリフあるやん!」って。i☆Ris向けの曲だなと思いました。コールを入れるような感じの曲調でもなかったので、ライブではどうなるのかも気になりました。

若井 普段、アニソンを聴くときはこういった曲調が多いので、どタイプでした。それをi☆Risで歌えるのは嬉しかったです。自慢したくなりますね。「i☆Risってどんな曲があるの?」と聞かれたら、まずおすすめしたい曲です。

芹澤 J-POPだと、A面でここまでコンセプトを押し出した楽曲は難しいので、アニソンを歌うユニットで良かったなと思いました。歌詞の"緊張に深呼吸"というパートを歌っているんですけど、レコーディングのときに"緊張に"は緊張して、"深呼吸"は深呼吸しながら歌ったら、「さすが声優だね」って言われたのが思い出深いです。

久保田 私もこういうアニソンが好きなので、「やったー!」って。セリフが入って、テンポが変わって、わちゃわちゃする楽曲なので、ショーとかミュージカルみたいなイメージ。ワンマンライブではセットリストのどのあたりに来るんだろうなって考えていました。CDで聴くよりもライブで披露したほうが楽しくなるんだろうなー。

澁谷 楽曲の楽しさや世界観が「幻想曲WONDERLAND」に近いなと感じました。変拍子があって、最後まで見逃せない展開です。レコーディングも、「幻想曲WONDERLAND」を思い出しながら、気負うことなく歌ったので楽しかったです。

茜屋 私は『手品先輩』にお姉ちゃん役として出演することが決まっていたので、あらかじめ原作も読んでいたんです。なので、初めて聞いた時は『手品先輩』の世界を表した曲だなと。これまでのタイアップ曲だと、たとえば『プリパラ』は、アニメの世界を表現しつつ、私たち自身にも寄り添っていたので、ここまで作品の世界観を表現している楽曲ってなかったんですよ。楽しかったです。

――お姉ちゃん役としてはいかがですか。

茜屋 お姉ちゃんは、先輩のお姉ちゃんで奇術部の顧問。たまに部室に顔を出して妹たちを見守るという役柄なんですけど、アフレコブースでも役そのままなんですよ。後ろのほうから、(先輩役の本渡)楓ちゃんたちの掛け合いを見守っています。

○なんてかわいい歌詞なんだろう

――カップリング曲の「Thank you forever!」はいかがですか? かなりエモい楽曲ですね。

山北 デモをはじめて聴いたのが電車の中だったんですけど、聴きながら泣いちゃって。まわりから見たら「あっ……」みたいな状態でした。それくらい良い曲。比喩表現もなく、ストレートな歌詞なので、より多くの人に響くと思います。ライブの最後に歌うのもいいんじゃないかな。

若井 暴れている「FANTASTIC ILLUSION」と対称的だなって。私はファンの方へのメッセージとして歌ったんですけど、i☆Ris6人のことを歌ったと受け取る方もいると思います。聴いた人の心になにかが届けばいいなと思います。あ、歌詞が感慨深いのですが、もちろん解散はしないです(笑)。

芹澤 うん、こんなにどストレートな曲は久しぶりなので、照れくさい感じがありました。「誰が聴いてもわかる曲」は大事だって話をされたことがあって、この曲を聴いてまさにそうだなと。私たちはアニメ、声優とアイドルの架け橋だと想っていたけど、それよりもっと広いところに届けたいときに、こういった楽曲は大事だなと思いました。

茜屋 「FANTASTIC ILLUSION」は、私たちのもっている個性をキャラクターとして表現した楽曲なんですけど、その分「Thank you forever!」は歌詞がまっすぐで、私たちのことをそのまま書いてくださっているので、作り込まず素で歌えました。最後の"この先もずっとよろしくね"って、すごくいいなって。

久保田 そう! "この先もずっとよろしくね"ってすごくかわいいなと思いました。なかなか日常じゃ言えないじゃないですか。それを最後に持ってくるなんて! この歌詞はファンの方に言っているようにも、メンバーに言っているようにもとれるし、なんてかわいい歌詞なんだろうってキュンとしました。

澁谷 私は、ちゃんと音符一つひとつの動きを見たいなと思った楽曲です。レコーディングに向けてシンセメロを入力してメロディーの譜面を作ったんですよ。それで音の運びを見ていたら、「この音にこの言葉を乗せるとこんなにエモくなるんだ」って、改めて考えさせられました。

●より一層パワーアップしたi☆Risを
○メンバーと同室で寝るなんて、デビュー前以来

――『手品先輩』も「FANTASTIC ILLUSION」もドキドキワクワクが詰め込まれている作品、楽曲ですね。みなさんが最近ドキドキワクワクした出来事ってありますか?

山北 ワクワクがある人生って素敵だなあ。なんだろう、すぐ浮かばない……。

久保田 今年の7月にファンクラブ会員の方たちと行くお泊まりツアーがあったんですよ。夜の部屋割りが3人ずつだったんです。ちょうどテレビで『トイ・ストーリー3』をやっていて、私これまで『トイ・ストーリー』を観たことがなかったので、一緒に観れたのが楽しかった〜!

※(部屋割りは山北、茜屋、澁谷。芹澤、若井、久保田とのこと)

若井 そー。観たことがないっていうので、説明しながらね。

久保田 めちゃ面白かった! 1と2も観なきゃって思った。

若井 そのあとUNOをしたんですよ。小学生ぶりに!大人になってからやっても楽しかったです。私は負けたんですけど(笑)。

芹澤 メンバーと同じ部屋で寝ると知ったときは正直、衝撃的でした。ドキドキしていました。「同じ部屋で寝られるのか……?」って。でも、普通にみんなで過ごして、川の字で寝て、こういうのもいいもんだなって。

澁谷 たまにだからいいのかもしれないね。メンバーと同室で寝るなんて、デビュー前に合宿しているころ以来だったので。朝方までみんなと遊んで、あと数時間で起きなきゃ、みたいな。修学旅行みたいでした。

山北 私もそろそろ寝ようかと布団に入ったら、足のところになにかいたんですよ。「誰かが虫の人形を置いてドッキリを仕掛けたのかな?」と思っていたら、カサカサ動き出して、「これはヤバイやつだ」って電気をつけたら、おっきい蜘蛛がいたんです。フロントに電話をしたらスタッフさんがすぐ来てくれて、5秒くらいで退治して帰っていきました。(笑)

○「楽しみ」という純粋な気持ちをぶつけてほしい

――メンバーの絆も深まったバスツアーだったんですね。ワクワクドキドキといえば、11月24日にデビュー7周年記念ライブが開催されますね。それもi☆Risホール史上最大のキャパであるパシフィコ横浜で。

山北 そうなんです。前回の5thライブツアー「FEVER」が好評だったので、それを超えるものにしたいです。最近は地上波のテレビで取り上げられることが増えてきたので、初めてライブに来る方もいるんじゃないかなって。そんな新規の方もファンになってもらえるようなライブにしたいです。

若井 「FEVER」の千秋楽である中野公演後は放心状態というか、満足感と気持ち良い疲労がすごかったんです。あそこまでゾーンというか、無敵状態みたいなものは頻繁に出るものではないので、またあのときみたいな感覚が起きたらいいなと思います。

芹澤 i☆Risはここ3年くらい会場の大きさが変わっていなかったんです。。今回、パシフィコ横浜でライブできることになったんですけど、さらに大きい会場につなげたい。皆さんに「もっと大きい会場でi☆Risを観たい」と思えるようなライブにしたいです。

茜屋 前回のツアーが本当に評判が良かったので、それを超えるものにしたいですね。内容はまだまだこれから決めていくんですけど、全員で楽しめるものにしたいなと思っています。

久保田 「FEVER」のツアーが6月に終わって、11月のパシフィコ横浜までは、i☆Ris的に大きいワンマンライブがないんですよ。なので、みんなのライブが観たい気持ちが高まっていると思います。そしてパシフィコ横浜は1回公演なので、みなさんを満足させるには、ただ楽しいとかがんばるだけじゃ無理なんだろうなと思います。より一層パワーアップしたi☆Risを見せられるように頑張っていきたいです!

澁谷 私たちだけじゃなくスタッフさんにも、ファンのみなさんにも「i☆Risはまだまだ続くよ」と思ってもらいたいんです。私ももう26歳なので、20代後半の澁谷梓希をまた新しく作っていきたいと思っています。なので、まずは「楽しみ」という純粋な気持ちを、11月24日のパシフィコ横浜にぶつけてほしいなと思います。
○●i☆Ris、19thシングル「FANTASTIC ILLUSION」

・初回生産限定:TVアニメ『手品先輩』盤
価格:1,404円(税込)
CD
01 FANTASTIC ILLUSION
02 Thank you forever!
03 FANTASTIC ILLUSION -TV ver.-
04 FANTASTIC ILLUSION (Instrumental)
05 Thank you forever! (Instrumental)

・CD+DVD盤
価格:1,944(税込)
CD
01 FANTASTIC ILLUSION
02 Thank you forever!
03 FANTASTIC ILLUSION (Instrumental)
04 Thank you forever! (Instrumental)
DVD
01 FANTASTIC ILLUSION -Music Video-
02 FANTASTIC ILLUSION -Off Shot Movie-

・CD盤
価格:1,296(税込)
CD
01 FANTASTIC ILLUSION
02 Thank you forever!
03 FANTASTIC ILLUSION (Instrumental)
04 Thank you forever! (Instrumental)

○●i☆Ris 7th Anniversary Live(仮)

日程:2019年11月24日
開場/開演: 17:00/18:00
会場:パシフィコ横浜 国立大ホール
チケット代金:7,777円(税込)
枚数制限:1人4枚まで
※小学生以上有料。未就学児童入場不可(加藤大樹)

このニュースに関するつぶやき

  • 今期アニメ主題歌では女子無駄とツートップで良かった。EDのダメハダメも良かったね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定