ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 三浦春馬、後輩・恒松祐里からの「顔が好きなんです!」告白に照れ笑い

三浦春馬、後輩・恒松祐里からの「顔が好きなんです!」告白に照れ笑い

0

2019年09月21日 18:21  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真『アイネクライネナハトムジーク』公開記念舞台挨拶の様子  クランクイン!
『アイネクライネナハトムジーク』公開記念舞台挨拶の様子  クランクイン!
 俳優の三浦春馬と女優の多部未華子が21日、都内で行われた映画『アイネクライネナハトムジーク』公開記念舞台挨拶に登壇。本作のストーリーにちなみ“ずっと好きなこと”の話では、三浦の事務所の後輩にあたる恒松祐里が「(三浦の)顔が好きなんです!」と告白し、三浦が「初めて聞いた」と照れ笑いをみせる一幕があった。

【写真】思いがけない“愛の告白”に笑顔を見せる「三浦春馬」

 ベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小説を映画化した本作。伊坂からのラブコールを受け『愛がなんだ』で注目を浴びた恋愛群像劇の名手・今泉力哉が監督を務める。イベントには、三浦と多部のほか貫地谷しほり、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、斉藤和義(音楽)、今泉力哉監督が登壇した。

 作品のテーマである“出会い”にちなみ、最近の素敵な出会いを聞かれた三浦は、この作品の一番最後のクライマックスのシーンで、「お芝居をする相手の表情をしっかり使ってあげてください」と、監督から初心に戻れるようなアドバイスをもらったことが素敵な出会いだったと述懐。一方の多部は、本作のキャンペーンで行った仙台で出会った“ずんだタピオカシェイク”を挙げ「信じられないくらい美味しかったんです!」と三浦と共に大興奮。「あれなんであんな美味しかったんだろう(笑)」と2人で興奮しきりの様子をみせ、三浦も「天にも昇る美味しさ! 仙台行く際には、みなさん絶対飲んでください!」と力説し会場を沸かせた。

 さらに「ずっと好きなこと、苦手なこと」をテーマにしたトークになると、三浦の事務所の後輩にあたる恒松が「三浦さんのお芝居がとても素敵。そして昔から(三浦の)顔が好きなんです!」と大告白。「歌の先生を教えてもらったりとか、後輩想いのとても素敵な先輩です」と、さらなるベタ誉めに三浦も照れ笑いを見せた。

 また本作で主題歌「小さな夜」のほか劇伴も書き下ろした斉藤は、毎日ずっと続けていることとして「エロサイトですよね」とこちらも告白。「なので好きなのは無料、嫌いなのは有料です」と説明すると、その正直な暴露に会場からは拍手が沸き起こった。

 最後に三浦は「ご自身の何気ない生活の中にも思いやりが溢れている。それが奇跡に繋がっていると(本作を通して)感じて欲しい」と作品の想いに触れ、「優しく多幸感を届けてくれる映画。いつまでもこの映画が皆さんの心に残ることを願っています」と心からの言葉でアピールした。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定