ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > キャリアハイの数字を残す荻野貴司。読めばわかるファンに愛される理由

キャリアハイの数字を残す荻野貴司。読めばわかるファンに愛される理由

4

2019年09月22日 07:32  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 9月13日、メットライフドーム。荻野貴司(ロッテ)が約2週間ぶりに一軍に合流した。

 軽い腰痛を患い、大事をとっての登録抹消だったが、昇格直後の西武との4連戦では、全試合に「1番・センター」でスタメン出場。15日の試合で4安打を放つなど、4試合で19打数6安打と気を吐いた。

 プロ10年目の今季は、初のオールスターゲーム出場と規定打席到達。また、8月22日の楽天戦では史上77人目の通算200盗塁も達成し、シーズン安打数も自己最多の153本(9月21日現在)まで伸ばしている。さらに、打点、本塁打、盗塁もキャリアハイ。打率も3割をキープするなど、33歳にして飛躍の1年となった。

 しかし荻野は、慎重に言葉を選びながら、こう語る。

「本当に(数字は)なにも意識していません。目の前の1試合を必死にこなしている感じで、当然、先のことなんてわからないし、考えてもいない。規定打席に到達したことはたしかにうれしいですけど、目標はそこじゃないので。それくらい(毎日が)しんどいので、考えている余裕なんてないです」

 普段から物静かで、口数は決して多い方じゃない。だからといって、人当たりが悪いわけではなく、現場で声をかければ自然と笑みがこぼれる優しい性格の持ち主である。

 もう2〜3年前の話になるだろうか。キャンプ中のあるオフの日、石垣島の観光スポットで家族サービスに勤しむ荻野とバッタリ出くわした。

「家族みんながこっちに来ていたので、ちょっと出てみようかなと思って……」

 球場を離れれば、どこにでもいる心優しいパパである。そんな荻野だからこそ、球場で少年ファンを見つけると、ごく自然にファンサービスへと体が動く。

 たとえば8月14日の東京ドームでの日本ハム戦では、8回裏の守りからベンチに下がると、レフトの三家和真のキャッチボール相手として現れ、それが終わると近くにいた幼い少年ファンにボールを手渡した。

 この日の荻野は、日本ハム先発の吉田輝星から2打席連続本塁打を放つなど、3安打の活躍を見せた。この試合のヒーローである荻野からプレゼントされた日付入りのボールは、少年ファンにとって大切な思い出の一品になったことだろう。

 9月に一時戦列を離れた際、多くのファンが荻野の早期復帰を願ったのは、単純に成績だけではない。そうした人間性もあったからだ。

 荻野の気配りは、他人に対してだけじゃない。自分自身にも人一倍、気を配る。

 過去9年間、荻野を苦しめてきたケガについては、これまで方々(ほうぼう)のメディアで語りつくされているのでここではあえて割愛するが、関節が硬くなりやすい自身の体質についても、ストレッチはもちろん、スピードラダー、ミニハードル、ダッシュといったさまざまなメニューを試合前に行なうなどして、管理してきた。

 2015年オフに知り合ったトレーナーの鴻江寿治(こうのえ・ひさお)氏との出会いも大きかったと、荻野は言う。鴻江氏が開発したコウノエベルトスパイクを2016年シーズンから使用すると、これまで悩まされてきた右ひざの水がまったく溜まらなくなった。

「ちょっとでも(ケガの)リスクが減るのなら、いろんなものを試して、よければ使ってみようかなという感じでやっています」

 ケガへの不安がなくなれば、走ることだけではなく、守備やバッティングでもいい流れが生まれてくる。

 9月11日のイースタンリーグの試合で、ネクストサークルで準備する荻野の姿をチェックしたが、ハンドルとなる左手首が今季はとても柔らかく使えているように感じられた。試合後、そのことを荻野にぶつけると、ニッコリ笑みを浮かべながらこう答えた。

「これまでは力んでボールを捕まえにいっていたのが、今年はいい感じでバットの力をボールに伝えられているのかなって感じています」

 春先には「バットを長く持ちたい」という理由で、76センチという超短尺バットを使用した。しかし、思うような結果が残せず、4月上旬には元の85センチのバットに戻し、短く持つ本来のスタイルになった。

 今シーズン結果を残せているのは、バットを元のものに戻したから、という単純な話ではない。自分が思い描いたどおりにバットをコントロールできるのは、これまでの鍛錬があったからこそである。

 そして今年8月31日、トヨタ自動車時代の盟友である元DeNAの荒波翔が現役引退を表明した。そんな荒波について荻野は、「足は速いし、肩も強い。バッティングもいいし、本当に三拍子揃った選手」と心の底から賛辞を贈る。

「翔と初めて知り合ったのは、大学JAPANの時ですね。それからずっとつながりがあったので、プロ入り後も一緒に食事に行ったりしていました。翔はすごく頑張り屋さんで、野球に対して熱心なことも知っていました。だからこそ、寂しい気持ちがありますね」

 ケガや不振で二軍で調整を続けている時は、どちらからともなく近寄り、互いに健闘を誓った。

「ふたりとも二軍にいる時はどこか寂しい部分はあったし、翔は絶対に素質がある選手なので、こんなところにいる選手ではないと、ずっと思っていました」

 また9月24日には、長年ロッテを支えてきた福浦和也が引退する。そんな引退目前の福浦と、わずか10日間ほどであったが二軍で一緒に過ごすことができた。

「福浦さん自身は変わらずというか、いつも一緒の気持ちというか、準備を怠らない。それはこの10日間だけじゃなくてずっと見てきたことですから」

 福浦の引退後は、同期入団の清田育宏とともに、生え抜きの野手ではチーム最年長となる。これからはよりチームを引っ張っていく立場となる。

「僕は福浦さんみたいに偉大な選手ではないですけど……」

 そう謙遜するが、看板選手であることに変わりはない。口でチームを鼓舞するタイプではないが、普段からの姿勢でチームを引っ張る。一歩ずつ、焦ることなく、無心で目標に向かって進んでいく。それが荻野の変わらぬ姿勢だ。

 現在、チームはCS(クライマックス・シリーズ)進出に向けて、熾烈な3位争いを繰り広げている。物静かなリーダー・荻野は、バッティングで、守備で、走塁で、チームを勝利へと導いていく。

このニュースに関するつぶやき

  • スピードのスケールが落ちてやっと体が耐えられるようになった感じかな。ルーキーの時は衝撃だったし https://mixi.at/aeSVhwP
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 荻野といえばイチロークラスの万能タイプになるのではとデビューしたわけですけど西岡移籍の煽りでショートへコンバートから怪我・・・やっと本来の能力が開花したのでしょ?FAで西武に来ないですか?(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定