ホーム > mixiニュース > トレンド > Gショックからチタンを採用した「5000」シリーズが登場、初号機のカラーリングを再現

Gショックからチタンを採用した「5000」シリーズが登場、初号機のカラーリングを再現

10

2019年09月22日 09:12  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真GMW-B5000TB Image by: カシオ計算機
GMW-B5000TB Image by: カシオ計算機
 カシオ計算機の耐衝撃ウォッチ「Gショック(G-SHOCK)」から、初代モデルのフォルムを継承したフルメタル仕様の「5000」シリーズで初めて外装に軽量なチタンを採用した「GMW-B5000TB」が11月8日に発売される。価格は税別15万円。
【こちらもチェック】35周年迎えたGショック売上ベスト3発表、1位は1995年発売の「DW-6900」

 GMW-B5000TBではケース、バンド、ベゼル、裏蓋、ボタンといった外装のメインパーツにチタンを使用。ステンレスよりも軽いチタンを用いることで従来モデルより57gの軽量化を実現し、装着感を向上させた。デザインは初代Gショックの「DW-5000C-1B」を再現。気密性の高いスクリューバックを裏蓋に取り入れたほか、ブラックのケースにゴールドのカラーリングを配した。
 各メタルパーツの表面には硬度を高めるDLC処理を施し、風防には傷がつきにくいサファイアガラスを使用。文字盤には斜めの角度からでも時刻が判読しやすいSTN液晶を採用した。スマートフォンリンク機能を搭載しており、正しい時刻への自動修正やワールドタイムなどの各種設定を簡単に行うことができる。
【あわせて読みたい】カシオがアシックスと提携、Gショック活用し最適なランニング体験を提供
■問い合わせ先カシオ お客様相談室:03-5334-4869(時計専用)

このニュースに関するつぶやき

  • もっと別の時計買うわ!
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • オレが持ってるアナログで電波ソーラー式のG-SHOCKなら分からんでもないが…15万して安っちぃデジタル時計では、いくらG-SHOCKでも買う気がでんわなぁ(°▽°) https://mixi.at/aeSUCzT
    • イイネ!21
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

あなたにおすすめ

ニュース設定