ホーム > mixiニュース > 地域 > 北海道 23日は暴風・高波に警戒

北海道 23日は暴風・高波に警戒

3

2019年09月22日 14:51  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真北海道 23日は暴風・高波に警戒
北海道 23日は暴風・高波に警戒

北海道付近は、23日から24日にかけて、暴風や高波に警戒し、大雨にも注意が必要です。大型の台風17号は、23日の日中に日本海上で温帯低気圧に変わり、勢力を保ったまま夜には渡島半島に近づき、24日にかけて北海道付近を通過する見込みです。23日は朝から次第に風が強まり、夜にかけて非常に強い風となるでしょう。海は大しけとなる見込みです。



●屋外での行動は危険な暴風


風は東または南東の風となります。23日の陸上での最大風速(最大瞬間風速)の予想は、日本海側南部と太平洋側西部で20メートル(35メートル)、日本海側北部とオホーツク海側で15メートル(30メートル)、太平洋側東部で12メートル(25メートル)です。暴風のピークは23日夕方から24日明け方にかけてとなるでしょう。屋外では物が飛びやすく、多くの樹木が倒れる恐れがあるため、不要不急の外出は避けるようにしましょう。
また、海の波の高さは、日本海側南部と太平洋側西部で6メートルの大しけ、その他の海域も4メートルのしけとなるでしょう。沿岸は高波により危険な状況になるため、近づかないようにお願いします。


●局地的な激しい雨や大雨に注意


道南方面では朝から広く雨となり、昼過ぎにはほぼ全道で雨となるでしょう。日本海側と太平洋側では1時間に40ミリと局地的に激しい雨の降り方となり、オホーツク海側でも1時間に20ミリと短時間で強い降り方となる見込みです。23日正午〜24日正午の24時間降水量は、日本海側南部や太平洋側西部の多い所で100〜200ミリ、日本海側北部で100〜150ミリ、太平洋側東部とオホーツク海側で50〜100の予想となっています。激しい雨のピークは夕方から夜遅くにかけてとなります。低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水に十分注意してください。


このニュースに関するつぶやき

  • 明日はかなり荒れるらしいので、外出しない予定。
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定