ホーム > mixiニュース > トレンド > 銚子電気鉄道「売るものが無くなってきたので」鉄道の「音」発売

銚子電気鉄道「売るものが無くなってきたので」鉄道の「音」発売

12

2019年09月22日 17:22  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
銚子電気鉄道はこのほど、ヤマハの音楽配信サービス「mysound」において、電車・踏切など「音」の配信を開始した。スマートフォンの着信音としての利用を想定しているとのこと。

着信音として配信を開始したのは、「電車の走行音(ガタンゴトン)」「ドアの開閉音(プシュー)」「コンプレッサーの音(コンコンコンコンコン)」「警笛(プフォー)」「駅の発車ベル(ジリリリリ)」「踏切の音(カンカンカン)」などの音源。すべて配信のために新たに収録された。

銚子電気鉄道は今回の音源配信に関して、「売るものが無くなってきたので、音売ります」と自虐的に説明している。音源として収録した2000形は、かつて京王の車両として都心を走っていたことから、「懐かしい電車の音としても楽しむことができます」とPRする。

着信音をダウンロードした人の中から抽選で5名に、銚子電鉄で実際に使用されていたレールを10mmに切り出した「カットレール」をプレゼントするキャンペーンも実施するという。(佐々木康弘)

このニュースに関するつぶやき

  • 国と自治体からの補助金が無ければ生きていけない会社は、いい加減に楽にさせた方が良い。ネタ以外のなにもんでも無かろう。千葉県民が望んでいるのは鉄道ではなく道路だとハッキリしたのだから。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 銚電頑張れ!台風被害なんて吹き飛ばせ!
    • イイネ!10
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(9件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定