ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 綾野剛も出ていた映画「NANA」

綾野剛も出ていた!『NANA』いま考えると豪華すぎ

174

2019年09月23日 07:01  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真『NANA2』公開時の中島美嘉 Jun Sato / WireImage / Getty Images
『NANA2』公開時の中島美嘉 Jun Sato / WireImage / Getty Images

 歌手の伊藤由奈が先日、音楽フェス「GUNDAM 40th FES "LIVE-BEYOND"」に出演し、8年ぶりに日本でライブを行った。伊藤といえば、2005年の映画『NANA』でレイラ役に大抜てきされ、劇中歌「ENDLESS STORY」でデビュー。そこでここでは、伊藤のほか同作に出演していた豪華なキャストを振り返りたい。


 絶大的な人気を誇る矢沢あいの少女マンガを映画化した『NANA』は、同い年で同じ名前だが、性格は正反対の二人の“ナナ”が偶然出会い、絆を深めながら、それぞれの人生を歩んでいく姿を描いた作品。バンドで成功することを目指すナナを中島美嘉、東京にいる彼氏を追って上京してきた奈々(通称ハチ)を宮崎あおいが演じ、中島が歌う主題歌「GLAMOROUS SKY」も大ヒットした。


 ナナがボーカルを務めるバンド・BLACK STONES(ブラスト)のメンバー、ノブには成宮寛貴、シンには松山ケンイチがふんしたほか、人気バンド・TRAPNEST(トラネス)のメンバーであるレンを松田龍平、レイラを伊藤、タクミを玉山鉄二が演じた。ナナとレンが初めて出会う回想シーンでは、レンが所属していたバンドのボーカル役で綾野剛もわずかに出演していた。


 翌年公開された続編『NANA2』では、一部キャストが変更。奈々役を市川由衣、レン役を姜暢雄、シン役を本郷奏多が務めた。少女マンガの実写化が多く見られる昨今だが、その先駆けともいえる本作。14年たったいま、あらためて観てみるのも面白いかも。(編集部・中山雄一朗)


【関連情報】
【写真】もう14年前…『NANA』の中島美嘉と宮崎あおい
【写真】『NANA2』は市川由衣が奈々役
伊藤由奈、帰ってきた!8年ぶりライブで熱唱

このニュースに関するつぶやき

  • なぜ今時にNANAの話題が?と思ってたらラルクのてっちゃんも言ってたからドラマやるんでないの???
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 作者が病気だってのは知ってる、けどもうかなりの年数が経過してる。原作を完結してほしい。このまま完結しないなら単行本売ってNANAとさよならしようかなぁ〜(>д<*)待ち疲れた
    • イイネ!129
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(87件)

あなたにおすすめ

ニュース設定