ホーム > mixiニュース > 社会 > 日米協定、米自動車関税「将来撤廃」を=WTO違反回避へ付属文書で調整

日米協定、米自動車関税「将来撤廃」を=WTO違反回避へ付属文書で調整

10

2019年09月23日 09:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 日本政府が月内の署名を目指す日米貿易協定交渉で、米国の自動車関税(2.5%)の維持を認めた上で、「将来の撤廃」に向けた記述を付属文書に盛り込むよう要請し、最終調整していることが22日分かった。具体的な撤廃時期は明記されないが、高水準の自由化を課した世界貿易機関(WTO)ルールに違反する事態を回避するため、協定上、再交渉の余地を残す。

 米国は離脱前の環太平洋連携協定(TPP)交渉で、2.5%の輸入乗用車関税を発効25年目に撤廃することに合意した。しかし、今回の交渉では自動車産業の雇用を重視しTPP水準での自由化を拒否。日本も米国が検討する日本車への追加関税を回避することを優先し、米側の意向を受け入れた。

 少数国間の貿易自由化について、WTOルールでは、貿易の9割以上で関税撤廃が必要と解釈される。対米輸出のうち、日本車の割合は金額ベースで全体の3割を占め、日米協定は米国の車関税に言及しなければルールに抵触する恐れがある。

 このため、日本は「(税率変化を示す)譲許表に将来の関税撤廃に相当する記述」(複数の関係者)を盛り込むよう要請。ルール違反の回避へ米通商代表部(USTR)も問題意識を共有しているといい、一定期間後の再交渉の可能性などを注記する方向とみられる。日米は25日の首脳会談で協定に署名し、譲許表を確定したい考えだ。 

このニュースに関するつぶやき

  • 「トランプが相手では現状維持でも大勝利」こんなこと書いちゃったら、「パヨクが負け惜しみ云々」なんて、みっともなくて書けません罠(笑)
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • 難しい交渉を乗りきってほしいですね。
    • イイネ!23
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

あなたにおすすめ

ニュース設定