ホーム > mixiニュース > コラム > 制服やお酌 マナー何のため?

パンプス、制服、お酌、就活スーツ…「このマナー、何のため?」エピソード

112

2019年09月23日 12:00  TOKYO FM +

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TOKYO FM +

写真パンプス、制服、お酌、就活スーツ…「このマナー、何のため?」エピソード
パンプス、制服、お酌、就活スーツ…「このマナー、何のため?」エピソード
高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。9月18日(水)の生放送のテーマは「このマナー、何のため?」。番組と、「TOKYO FM+」に寄せられたメッセージに、たかみなが答えました。


※写真はイメージです



昨今、SNSなどで盛り上がりを見せる“マナー論争”。昨年11月には「とっくりでのお酌で注ぎ口を使うのはマナー違反」、今年2月には「薬を人前で飲むのはマナー違反」、そして6月には、「小学生の娘が箸の持ち方を注意された」という投稿も話題に。

女性へのパンプス・ヒール強制を問う「#KuToo」運動では、3万人以上のオンライン署名が集まりました。しかし、これに対しては「女性のパンプス着用はマナーだ」という意見も。

法律のように制約があるわけではなく、あくまでも“相手への気遣い”の文化として成立してきたマナー。しかし、価値観が多様化するにつれて、「これって何のため?」と感じるシーンがあるのも事実。

そこで今回は、みなさんのマナーに関するエピソードを募りました。

◆就活、校則シーンで「苦痛…」
まずは、「#KuToo」の影響も感じられるこんな意見から。

「女性は、ぺったんこの靴ではなく、高さのある靴を履かなければならないこと」(10代 女性)

「教育実習に行ったとき、実習生はスーツ+パンプスがルールだったこと。とても動きづらく、汚れてしまうと困るので、何のためなのかわかりませんでした」(20代 女性)

このエピソードに、たかみなは「この“ヒール強制”は大きな社会問題となっていますが、今後、変わっていくのではと思います。変わってほしいです」とコメントしました。

また、スーツに関連し、多く寄せられたのが就職活動のマナーです。

「就活をしているのですが、夏の暑い時期のスーツ着用は本当に苦痛でした。ビジネスマナーとして必要であることはわかっていたのですが、一度、熱中症になってしまって……」(20代 女性)

「就活の黒スーツは本当に理解できません。それ以外の使い道がないのに、ただでさえお金がない学生時代にお金をかけなければならず、大変でした」(20代 男性)

「リクルートスーツ、メイク、髪型です。同じような学生が3〜4人並んで、採用担当のおじさまたちは果たして見分けがつくのでしょうか?『特に指定はない』と企業から説明があっても、1人だけ違う格好で行き、本当にデメリットがないのかも疑問です」(20代 女性)

昨年9月には、P&Gの商品「パンテーン」が、「就活中の髪型に関する#1000人の就活生のホンネ」キャンペーンを展開。キャッチコピーでは、ロングヘアの女性にとってマナーとされている“ひっつめ髪”に言及しました。

また、同製品は、日本の学校の髪型校則の1つである「地毛証明書」にもアプローチ。ドキュメンタリームービーなどを公開し、新時代の校則のあり方、髪型の自由を問いました。

そんな校則に関するマナーについても、多くの意見が寄せられました。

「私の髪色は明るいのですが、この前、学校の手伝いをするときに『身だしなみを整えてきてと言ったでしょう』と、黒染めスプレーを振られました。先生の言う“身だしなみ”の定義は“人に不快感を与えないもの”。『あなたは人に不快感を与えている』と言われたようで傷つきました」(10代 女性)

「私服の学校に通っていますが、『学生は清潔感を』と言われ、髪は黒髪お団子ヘア、下着は上下すべて白、靴下も白でなければいけません」(10代 女性)

制服に悩まされるのは、学生だけではありません。なかには、「着ていてよかったことが何もなかった」という社会人の方からのメッセージも。

「前職が事務職で、制服勤務(シャツ+ベスト+タイトスカート+リボン)でした。内勤で、顧客対応などもほぼないため、制服廃止の提案をしていたものの、“支社・支店の窓口で顧客対応をしている職員への配慮”という理由で実現されず。事務職ですが、力仕事も多かったため、動きづらく……。動きやすいように少しでも着崩しているとすぐに注意されました。おまけに、近所のレストランから『制服の人が来ると大衆食堂のような雰囲気になってしまうから』と入店を断られました」(30代 女性)

◆古くからの“当たり前”に疑問
マナーは、ビジネス、食事、接客、慶弔と多岐にわたります。そんなマナーへの疑問について、一気に紹介します。

「取引先で出されたお茶を飲み干したら、上司からダメだよと言われました。ご飯は残しちゃいけないのに、お茶は残さなきゃいけないんだ……」(20代 男性)

「居酒屋で、『割りばしや爪楊枝は、折って捨てるのがマナーだって知ってる?』と言われたことが。気になって調べたのですが、過去の逸話や信仰からきているものらしいです。でも、折ると先が鋭利になり危険なので、どうなんだろう?」(20代 男性)

「女性がお酌を求められることに、もううんざりです。家族がさせられているところを見ても嫌な気持ちになってしまいます」(20代 女性)

「悪いことではないと思うのですが、出産内祝いはなくなってほしいな、と……。新生児を抱え、ただでさえ時間の余裕がないのに、やらなければいけないことが増えてしまいます。また、お祝いをいただいたのに出費が増えるなんておかしい、という気持ちもあります」(30代 女性)

「百貨店で働いてたとき、女性社員だけ、同じ売り場の人と話しながら昼休憩をとらないといけないルールがありました。“一緒に休憩しなければ相手に失礼”みたいなマナーだったかと……。休憩中なのに!」(20代 女性)

◆マナーがある意味を考えて
最後は、少し角度を変えて“歩きタバコ”への苦言を紹介します。

「最近は減ってきたと思うのですが、歩きタバコの人がまだいること。手を下げた位置にちょうど子どもが通りかかり、ヒヤッとする場面に遭遇。子どももビックリしていました。合理的な理由があるにもかかわらず、守らない人がいると『何のためのマナー?』と思わずにはいられません」(50代 女性)

歩きタバコに関しては、実際に「知り合いの子どもの顔にタバコが当たり、ヤケドしていた」という意見も寄せられました。

ほかにも、「メールの宛先は役職順じゃないといけない」(30代 男性)、「トイレットペーパーの三角折り」(20代 女性)、また、Twitterでリプライを送るときの「“フォロー外から失礼します”という枕詞」(30代 女性)というネットマナーへの疑問も寄せられました。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年9月26日(木) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 出されたお茶は飲んでも良いだろ?食べ物は粗末にするモノじゃない
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 色々うっとうしいルールはありますが、「出されたお茶」は飲み干すのが正解だと思います。
    • イイネ!36
    • コメント 9件

つぶやき一覧へ(76件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定