ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 出産を機に、働きかたを考えるママたち。転職理由トップは「育児と両立したい」

出産を機に、働きかたを考えるママたち。転職理由トップは「育児と両立したい」

1

2019年09月23日 15:01  ママスタジアム

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


ママになったことで仕事を辞め家庭に入った女性、時短勤務を選んだ女性もいるでしょう。出産はそれまでの働きかたを見直す、大きなきっかけになります。

先日発表されたのが、ママの転職に関するアンケート調査の結果です。今自分の働きかたに悩んでいるママにとって、一歩進むためのヒントが見つかるかもしれません。

転職を考える多くは、まだまだ子育てに多忙な未就学児のママ



「株式会社サンケイリビング新聞社」のWebコンテンツ「ウーマンリサーチ」が実施した、調査です。
回答者379人のうち「転職経験がある」ママは37.7%。「現在転職活動中」のママ2.5%と合わせると、約4割のママが転職に動いているという結果になりました。

このうち「転職経験がある」と回答したママの中で57.7%と過半数を占めたのが、未就学児を持つママ。さらに「転職活動中」「現在考えているが、まだ活動はしていない」と答えた人の中でもっとも多かったのも、同じく未就学児のママたちでした。まだまだ子育てに多くの時間を取られる時期、育休が終わったからといって以前と同じように働くのは難しいのでしょう。「それなら、いっそ転職を」と考えるのも、しぜんなことですよね。

未就学児ママも含め「転職活動をしている(した)」すべてのママたちに、その理由を尋ねています。
sub1複数回答ながら過半数を超えトップとなったのは、「業務量や勤務時間の決まりにより、育児との両立が難しいから(53.4%)」。やはり仕事量の調整や時間の制約が、転職を考える大きな理由になるようです。
また、職場のある場所も大きなポイントとなるよう。「育児時間確保や、いざというときの安心のために自宅近くで働きたい(50.7%)」も、半数以上のママが理由にあげています。通勤時間が短いほど、育児に割ける時間が増える。さらに地震などいざというときも、職場と子どものいる場所が近ければすぐ駆けつけることができます。

一方転職活動をしていない理由のトップは、「今の仕事内容や職場環境に満足はしていないが、ガマンはできるから(36.4%)」。さらに「新しい環境で一からはじめるのが、おっくうだから」、「転職すると今より年収が下がりそうだから」が続いたそうです。すべてに満足はしていなくても、そこそこの現状を捨ててまで挑戦する気持ちにはなれないのでしょうね。

転職サービスや「ハローワーク」で理想的な職場探し


ところで、ママたちはどこで転職先を探しているのでしょう?

求人サイトやエージェントなど、いわゆる「転職サービス」を利用したママも多いようです。スマホなどで手軽にリサーチできるのは、今の時代ならではです。中には企業の求人紹介から面接のセッティングまで、必要なすべてをサポートしてくれるサービスも!
また、昔ながらの「ハローワーク」を活用したという声も少なくなかったよう。「地域に密着した情報を知ることができた」(30代)、「しっかりキャリアコンサルティングを受けられた」(30代)などの声があったそうで、行政サービスゆえの安心感もありますよね。
「自分の目で見て、たしかめたかった」(40代)という理由から、転職サービスを利用しなかったママは54.8%もいたそうです。自分で探す手間はかかるかもしれませんが、そのぶん確実なやりかたかもしれません。

転職してよかったと考えるママは9割以上



転職に迷うママたちがもっとも気になるのは、「転職してよかったかどうか?」ではないでしょうか。「転職してよかったか?」という質問に90.5%のママが「そう思う」と回答したそうです。
理由としてそのうち61.3%のママは、「働きかたを変えることで、育児との両立が可能になったから」と回答。ママたちが働きかたを選ぶ際に重要視するのが、育児との両立ということがよくわかる結果です。

また転職の際にやっておけばよかったことでは、トップが「社内環境の確認(38.7%)」、次いで「社風の確認(23.4%)」、「口コミ(評判)サイトの確認(16.1%)」となりました。転職先のリアルな情報というわけですね。サイトでの確認はともかく、社内環境などは知り合いでもいないかぎり知ることがむずかしそうです。とはいえできるだけのことはしておいたほうが安心できるのは、たしかです。

自分の働きかたに疑問を抱いているママがいるとしたら、悩む前に動いてしまったほうがよい結果が得られることもありそうです。仕事を続けるか辞めるかの二択ではなく、転職というもうひとつの選択肢もあることを頭に入れておきたいですね。
【調査概要】
調査期間:2019年7月24日〜28日
調査方法:サンケイリビング新聞社公式サイト「リビングWeb」「あんふぁんWeb」「シティリビングWeb」各Web会員へのアンケート
調査対象:子どものいる55歳以下の有職女性379人
文・鈴木麻子 編集・山内ウェンディ

■ママスタセレクトで読む

    あなたにおすすめ

    ニュース設定