ホーム > mixiニュース > トレンド > 英旅行大手トーマス・クックが破綻=格安会社と競争激化

英旅行大手トーマス・クックが破綻=格安会社と競争激化

1

2019年09月23日 19:01  時事通信社

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真23日、英マンチェスター空港に駐機中のトーマス・クックの旅客機(AFP時事)
23日、英マンチェスター空港に駐機中のトーマス・クックの旅客機(AFP時事)
 【ロンドン時事】世界初の旅行代理店とされる英トーマス・クック・グループが23日、資金繰り悪化により経営破綻し、裁判所の管理下で手続きを進める「強制清算」を申請、受理された。格安旅行会社との競争激化などを背景に、深刻な業績不振に陥っていた。英メディアによると、約60万人がクック社のサービスを利用して海外旅行中で、各国政府はチャーター便を手配するなどして帰国を手助けする。

 178年の歴史を持つクック社はホテル、航空事業も手掛け、欧州を中心に年間約2200万人の顧客数を誇った。破綻は各方面に波紋を広げそうだ。 

    あなたにおすすめ

    ニュース設定