ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > レアルに競り負け首位陥落にロペテギ監督「チャンスを活かさなければ…」

レアルに競り負け首位陥落にロペテギ監督「チャンスを活かさなければ…」

0

2019年09月23日 20:44  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真レアル・マドリードに敗戦後、コメントを残したロペテギ監督 [写真]=Getty Images
レアル・マドリードに敗戦後、コメントを残したロペテギ監督 [写真]=Getty Images
 セビージャのフレン・ロペテギ監督が、0ー1で敗戦したレアル・マドリード戦を振り返った。23日、スペイン紙『アス』がコメントを伝えている。

 22日、第4節を終えリーガ・エスパニョーラ首位に立つセビージャは、第5節でレアル・マドリードとホームのサンチェス・ピスファンで対戦。一進一退の攻防が続く中、レアル・マドリードがフランス人FWカリム・ベンゼマのヘディングからのゴールで均衡を破ると、そのままセビージャは0ー1で敗戦した。

 今季初黒星を喫し、首位から陥落した試合後、ロペテギ監督がゲームを振り返りこうコメントした。

「チームは最後の最後までよく戦った。より決定的なラストパスを出せるシーンもあっただけに、最低限だった勝ち点1も得ることができなかったのは残念だ」

「すべての面でとても均衡した試合だったが、小さなディテールによって勝敗が決してしまった。我々がチャンスを活かすことができなければ、レアル・マドリードは必ずチャンスを活かしてくる」

「我々の考えは、攻撃を枠内シュートで終え、攻撃的なスタイルでレアル・マドリードを押し込むことだったが、それができなかった。ゴールに迫るには常に正しい判断が必要だ。だが、チームの頑張りには満足している」

 セビージャは26日、リーガ・エスパニョーラ第6節エイバル戦をアウェーで戦う。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定