ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > ラッピングの方法を知ればプレゼントを手軽にグレードアップできる!

ラッピングの方法を知ればプレゼントを手軽にグレードアップできる!

1

2019年09月24日 12:10  mamagirl

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl

ラッピングの方法は包むものによっていろいろとあるので、ラッピングの基本から、材料やリボンの結び方、おすすめのラッピング方法をご紹介します。

【詳細】他の写真はこちら



■ラッピングの基本について確認!
ラッピングを初めてされる人は、リボンの結び方なども悩んでしまうのではないでしょうか。また、ラッピングのデザインや材料がどこで購入できるのか気になりますね。ラッピングの基本デザイン、材料がどこで手に入れることができるのか、そして、リボンの結び方について確認しましょう!





・ラッピングのデザインは多種多様

出典:@ naoko_mochikiさん

ラッピングのデザインには、包装紙や和紙、不織布やセロハンなど、形にこだわらずにラッピングのデザインができるものと、プレゼントする品物に合わせてデザインされた箱を選ぶものとにわかれます。形にこだわらないものは、初めてでもラッピングしやすい紙袋やラッピング袋があります。箱の場合は、大きさやデザインの種類も多くあります。プレゼントを華やかに飾りつけできるリボンや花、シールなどでおしゃれなデザインのラッピングを完成することができますよ。




・ラッピングの材料はどこで買える?

出典:@ naoko_mochikiさん

ラッピング用の材料は雑貨店や100均でも購入ができます。他には『IKEA(イケア)』や『TOKYU HANDS(東急ハンズ)』などでも販売されています。インターネットでは「パッケージプラザ」などのサイトでも販売されているので、ラッピングの材料は簡単にそろいます。どのお店もデザインが豊富ですよ。




・ラッピングリボンの結び方

出典:@ happy__e31さん

ここでは、ラッピングの基本、写真のような十字掛けリボンの結び方を説明します。1.リボンを箱の後ろから上下に掛けるように回します。2.正面の箱の後ろ側で交差させて、表の方にリボンを回します。3.正面の中心部分で、緩まないように左右のリボンを引っ張り、締めます。4.緩まないように、リボンの交差部分から両方をリボンの逆方向(左右)にくぐらせます。5.正面の中央部分で蝶結びをしたら、長さを調整し、左右のバランスをそろえるようにハサミで切り、見ための雰囲気を調整したら完成です。

■ラッピングの方法にはどんなものがある?

出典:@ box_shop_jamie.lucasさん

ラッピングの方法はどのようなものがあるのでしょうか。袋の場合のラッピングと、箱の場合のラッピングの方法をみてみましょう!




・ラッピング袋の場合

出典:@ box_shop_jamie.lucasさん

ラッピング袋は、写真のように紙の袋、ナイロン製の袋と素材が2種類あります。袋を使ってラッピングする場合は、プレゼントする品物がすっぽりと入る大きさの袋を購入することがポイントです。ラッピング袋から中身が見えてしまわないように、購入する前に大きさを確認して選びましょう!




・ラッピング箱の場合

出典:photoAC

ラッピング箱を使うときには、プレゼントする品物をペーパーパッキン(紙を細く切ったもの)の上に置いたあと、周りを詰めてプレゼントを固定するようにしましょう。そのあとラッピングをしていきます。写真のように濃い色の箱を使い左右をリボンで斜め掛けして、ラッピングするのもシンプルで良いですね。他には、デパートでラッピングをしてもらうときの合わせ包みや、キャラメルのお菓子が包まれているようなスクエア包み、包装紙を使ってラッピングするやり方もあります。柔らかいペーパーナプキンを使い、簡単に箱を包みラッピングする方法もありますよ。

■包むもの別のおすすめラッピング方法

出典:@ box_shop_jamie.lucasさん

包むものの形や大きさ別に、おすすめのラッピングの方法をご紹介します。どのようなラッピングが良いのか参考にしてくださいね!




・本を包むときのラッピング

出典:@ yumenoribbonさん

本をラッピングするときに直接包むと中身の紙が折れてしまう可能性もあるので、箱に入れてプレゼントするのがおすすめです。包装紙を使い、合わせ包みやスクエア包みなどでラッピングします。最後にカラフルなリボンを十字掛けしてラッピングすると、もらった人もあけるのが楽しみになりますね。




・服を包むときのラッピング

出典:@ yumenoribbonさん

服などの柔らかいものを包むときには、写真のようなゴールドのセロハンの上に、さらに透明なセロハンを合わせてラッピングすると豪華なプレゼントに早変わりします!最後は、リボンを十字掛けに。大きさの違うリボンでアレンジすれば、ワンランクアップのラッピングに。




・大きいものを包むときのラッピング

出典:100均のラッピングアイテムがかわいいと話題☆おすすめはコレ! @ ____minomu____さん

大きい物をラッピングする場合は、包装紙を使って包むと簡単です。単純に包むのではなくここでひと工夫。写真のようにシャツの形にラッピングして、アクセントになるシールをつけると◎。かわいくオシャレなシールをつけていつもと違うラッピングもおすすめです。




・正方形のものを包むときのラッピング

出典:@ naoko_mochikiさん

正方形のプレゼントを包むときには、写真のようにプレゼントする相手のイメージに合う包装紙で合わせ包み、またはスクエア包みでラッピングすると良いですね。リボンを十字掛けして、たくさんのお花のような輪っかリボンで飾れば、かわいく見えるプレゼント間違いなしです!

■ラッピングは包む中身に合った方法で!
ラッピングの材料はいろいろあるので、プレゼントの形や大きさにあったラッピングの方法を試してくださいね。プレゼントを渡す相手の喜んでくれる顔を想像しながら楽しくラッピングをしましょう!

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定