ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 「あなたならできる」と言われた子は不可能を可能にする

「あなたならできる」と言われた子は不可能を可能にする

0

2019年09月24日 12:10  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl
「あなたならできる」と言われた子は、本当にできる可能性が高まる
日本人バスケットボール選手がNBAドラフト一巡目で指名を受けるという歴史的快挙を成し遂げました。彼は中学時代のコーチに「おまえはNBAに行くんだ」と言われたそうです。コーチは何気なく掛けた言葉かもしれませんが、大人が「この子なら必ずできる」と信じ「あなたならできる」と子どもに声をかけると本当に夢や目標が実現する可能性が高まるのです。これを教育心理学で「ピグマリオン効果」または「教師期待効果」といいます。


お母さんから期待された子どもは意欲が引き出されて成功確率が上がる
ピグマリオン効果とは「人は他者に期待されるほど、意欲が引き出されて成績が向上する」という教育心理学の法則です。これはコーチや先生だけでなく、お母さんが行っても効果は絶大です。プロ選手になる!などの大きな目標だけではなく、日常の小さな目標達成に活かしましょう。例えば子どもが一輪車に挑戦しているときに、お母さんが「あなたならできるよ。毎日練習してごらん」と声をかけます。そして子ども自身も「私ならできる」と信じて練習をすると、できるようになる確率が上がるのです。


「できない」と口に出してしまうと、目標達成率が下がってしまう
これとは逆の現象を「ゴーレム効果」といいます。お母さんが「この子にはできないかもしれない」と思えば、子どもが目標を達成する可能性が下がるのです。たとえ「子どもが失敗して傷つかないようにしてあげたい」という親心があったとしても「あなたにはまだ無理じゃない?」という声のかけ方をしてしまうのは、子どもに「私にはできない」という暗示をかけているようなものです。これはなるべく使わないようにしたい言葉ですね。


大人になってもお母さんの言葉は子どもの支え。不可能でさえ可能にできる
子どもと毎日一緒にいるお母さんがいつも子どもを信じ「あなたならできるわ」と声をかけ続けると、子どもは小さな成功体験を繰り返し、高い能力と自信を身に付けます。もちろん大人になってからもお母さんの言葉は子どもの心の支えとなり、自分を信じてチャレンジし、人生を切り開いていくでしょう。あのバスケットボール選手のように不可能と言われることを可能にしてしまうことも十分あり得ます。


今日の1日1成長
子どもが何かに挑戦しているときは「あなたならできる」と声をかけよう子どもの挑戦力も1成長、お母さんの応援力も1成長。田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定