ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 玉木宏の妻・木南晴夏、食卓の変化を明かす 「ボリュームのある料理が増えました」

玉木宏の妻・木南晴夏、食卓の変化を明かす 「ボリュームのある料理が増えました」

0

2019年09月26日 15:21  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真 エプロン姿で登場した木南晴夏
 エプロン姿で登場した木南晴夏

 「超熟の日」記念PRイベントが26日、東京都内で行われ、女優の木南晴夏が登場した。

 パンが大好きで、パンシェルジュ2級の資格も持っているという木南。「パン好きになったきっかけは?」と聞かれると、「母親がパン工場の配達の仕事をしていたので、小さい頃からいつも焼き立てのおいしいパンを食べて育ちました。パンの英才教育をしてもらいました」と理由を語った。

 友人たちと「パン部」を結成していることも明かし、「パン好きの友達4人で集まって、パン屋さん巡りをしたり、おのおのが巡ったパンを集めて家で食べる会を開いています」とプライベートの様子も披露した。

 昨年、俳優の玉木宏と結婚した木南。「手料理はしている?」と質問されると、「仕事があるときは難しいんですけど、お休みの日はなるべく家でご飯を作るようにしています」とコメント。

 「結婚前と比べて、料理のレパートリーは変わった?」との問いには、「一人で食べるよりも品数が増えたり、ちょっとボリュームのある料理が増えました」と答え、笑みを浮かべた。

 また、木南が食パン「超熟」を使って「厚切りバタートースト」のアレンジレシピに挑戦する一幕もあった。木南は「バターたっぷりが大好き」「パンは厚切り派です」と好みを語り、厚切りトーストにトリュフ塩とバターを塗りこんだアレンジレシピを完成させ、食べると「おいしい。塩が効いていて、ワインとかお酒にも合います」と声を弾ませた。

 囲み取材で「この秋にやりたいこと」を聞かれると、「今年は忙しくて、夏にキャンプもバーベキューもできなかったので、秋に持ち越してやりたいです」と笑顔で語った。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定