ホーム > mixiニュース > トレンド > ディズニーランドの食べ歩きフードがハロウィーン仕様に! 絶対食べたい「牛カルビコーン」

ディズニーランドの食べ歩きフードがハロウィーン仕様に! 絶対食べたい「牛カルビコーン」

1

2019年09月27日 20:13  ねとらぼ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真東京ディズニーランドでハロウィーンフードが食べたい! 「牛カルビコーン」などオススメを紹介します
東京ディズニーランドでハロウィーンフードが食べたい! 「牛カルビコーン」などオススメを紹介します

 東京ディズニーランドの“ディズニー・ハロウィーン”は秋の味覚を感じられる食べ歩きスナックや「スプーキー“Boo!”パレード」の雰囲気を感じられるメニューまで盛りだくさんのラインアップです。あれもこれも食べたくなっちゃうハロウィーンメニューを実食レポートを交えて紹介します。



【画像】ディズニーランドで食べられるフードを詳しく見る



●秋の味覚がいっぱいの食べ歩きメニュー



 せっかくハロウィーンシーズンに来園したし、秋の味覚でパークを楽しみたい! そんなゲストにおすすめなのが「牛カルビコーン」。見た目はアイスクリームのようですが、ゴースト流のおもてなしで様変わり。



 コーンの中には口当たり滑らかな紫イモのマッシュポテトと濃い味がジューシーな牛カルビがたっぷり入っています。チーズソースをかけたハロウィーン仕様はこの季節限定です。筆者は特に大好きなので来園すると2回は食べてしまいます……! カリブの海賊の近く「ザ・ガゼーボ」にて販売しています。



 「トゥーントーン・トリート」ではもっちりやわらかい骨形をモチーフにしたロング・ナンがハロウィーンカラーで販売中。中身は甘口カレーなので子どもや辛いカレーが苦手なゲストも楽しめます。ワンハンドでさっと持ち歩けるのがうれしいですね。



 パークに来たら1回は絶対食べたい「チュロス」はメイプルパンプキン味で登場。パンプキンカラーのチュロスにメイプルパンプキンシュガーがたっぷり。「パークサイドワゴン」と「ペコスビル・カフェ」で販売しています(東京ディズニーシーの「オープンセサミ」でも販売)。



 「ティポトルタ」も定番フードの一つですね。こちらもハロウィーン仕様で紫イモのフィリング入りに。期間限定の味をお見のがしなく!販売場所はイッツ・ア・スモールワールドの前、「ビレッジペイストリー」です(東京ディズニーシーのトロピック・アルズでも販売)



 ドリンクなのにポップコーン!? 飲んでびっくりキャラメルポップコーン味のドリンクが新登場。ポップコーンの香ばしさを感じる炭酸ドリンクと甘いパンプキン味のドーナツがセットになった新感覚ドリンク。販売場所は「キャプテンフックス・ギャレー」「ボイラールーム・バイツ」です。



 少しずついろいろなスウィーツを楽しみたいゲストへおすすめ、3種のスウィーツが気軽に楽しめるセットです。ゴーストが描かれた紫イモクリームのおもち、カボチャ味のバウムクーヘン、濃厚なチーズケーキを一度に味わえます。秋の味覚たっぷりなラインアップがうれしい! 「フードブース(トゥモローランド側)」「クレオズ」にて販売中(東京ディズニーシーの「ハドソンリバー・ハーベスト」「ゴンドリエ・スナック」でも販売)。



 クリッターカントリーの奥の奥。スプラッシュマウンテンに乗った後におすすめなのがこちら。「クリッターサンデー」のハロウィーンバージョンが今年も登場しました。パンプキン×ミルクのソフトクリームにシナモン味のミッキー型チュロスと相性抜群の組み合わせ。「ラケッティのラクーン・サルーン」にて販売しています。



●かわいくておいしいセットメニュー



 アトラクション「ホーンテッドマンション“ホリデーナイトメアー”」をイメージしたスペシャルセットが登場。「プラザパビリオン・レストラン」のセット内容はベーコンとベジタブルのクリームスープ、チーズハンバーグ(デミグラスソース)、パンまたはライス、パンプキンムースケーキ、ドリンクです。ハンバーグにのったチーズや、蝶ネクタイをイメージしたパスタ入りのスープなど、ジャック・スケリントンのモチーフが満載です。デザートにはパンプキンのムースにマロンカスタードクリームを絞った、ハロウィーン尽くしのセットです。



 かわいすぎて食べるのをためらってしまうようなジャック・スケリントンのフェイス形パンのサンド。ビーフトマトのフィリングの上にはポテトサラダがのっています。食べごたえのある一品です。パッケージはまるでサリーがジャックをみつめているようなデザイン。グレープゼリー、ドリンクとセットになっています。「スウィートハート・カフェ」にて販売中。



 プラス1100円にて「スプーキー“Boo!”パレード」に登場するコスチュームを着たミッキーと仲間たちがデザインされたスーベニアランチケースがセットにできます。おいしく食べてかわいくお土産に最適です。



 ジャック・オ・ランタン形のパオがハロウィーンにぴったり。外サクサク、中とろーりのホタテクリームコロッケと、赤キャベツとビーツのラペのサンドです。大人も子どもも楽しめるセットです。トゥーン・タウン内「ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイム・カフェ」にて販売しています。



●フォトジェニックなホテルメニュー



 ディズニーアンバサダーホテルのロビーラウンジ「ハイピリオン・ラウンジ」では「“ディズニー・ハロウィーン”ケーキセット」を販売しています(提供時間:12時〜22時)。



 おばけモチーフのブルーベリーモンブランは複数の層で構成されたていねいなつくり。塩気のあるサブレの上に紅茶のガナッシュとブルーベリーソース、ほのかに酸味のあるさっぱりとしたレモンクリーム入りのレアチーズケーキを白あんベースのブルーベリーモンブランクリームが包んでいます。 層が多いのでフォークの位置で味が違い、飽きることなくいただけます。コーヒーまたは紅茶付きです。



 スペシャルドリンクはハロウィーンカラーの工夫がほどこされた1杯。オレンジやグレープフルーツジュースにストロベリーシロップ、グレナデンシロップ、チェスナッツシロップが入っています。ジュースの上にはグレープゼリーの層、その上に紫いもホイップにチョコレートでデザインされたハロウィーンなフェイスに。ついつい写真におさめたくなる愛らしいドリンクです。チップ&デールのオリジナルコースター付き。



 実はこのドリンク、入社2年目の玉井奈菜美さんのデビュー作とのこと。フォトジェニックな作品に仕上げるために試行錯誤を繰り返したそうです。こだわりのハロウィーンカラーは先輩の助言のもとチェスナッツ(栗)シロップを採用して完成させました。また、「ドリンクのホイップすぐ溶けちゃう問題」もグレープゼリーを入れることで形をキープでき、さらにハロウィーンらしい色味を表現できたそうです。玉井さんは現在1月から提供のドリンクも開発中とのこと!



 同ホテルのカリフォルニア料理レストラン「エンパイア・グリル」の「“ディズニー・ハロウィーン”エンパイア・グリル・ディナー」はお酒好きに好まれそうなコースメニューを提供しています。全5品のうち3品を試食しました。



 前菜の「牛タンのグリルコンフィと白レバーペースト 竹炭ブリオッシュと林檎のサラダ」は前菜には珍しい組み合わせ。お肉入ったサラダのスタートダッシュ感、筆者は大変満足しました。ジューシーな牛タンとさっぱりとした林檎のドレッシングとバルサミコのソースが敷かれたサラダは相性抜群! ハロウィーンらしいブラックカラーのブリオッシュに濃厚なレバーペーストをつけたら早速お酒が進みそうです。



 コースでは次に「ポルチーニ風味のピュレを纏ったポーチドエッグ カシスソース ペンネグラタンを添えて」と「黒鯛のポワレ カボス香るグルノーブル風ソース サボイキャベツのブレゼとともに」が提供されます。



 メインは「パンデピスを纏ったホロホロ鳥胸肉のファルス包み 焦がしマスタード香るシェリーヴィネガーソース」を試食しました。スパイシーでサクサクとしたパンデピスの中には柔らかい胸肉と旨みがたっぷりなエビやキノコがゴロゴロと包まれています。ビーツのソースにつけても、ホロホロ鳥の出汁の入ったマスタードにつけてもおいしくいただけます。隣のサラダ仕立てのセロリはマヨネーズベースのレムナードソースで酸味のおいしい付け合わせとなっています。メイン料理は上記プレートもしくは「ビーフテンダーサーロインのグリル クミンのソース カボチャのリヨネーズ」から選べます。



 デザートは「洋梨のシブーストとコンポート マンダリンオレンジソルベを添えて」です。しっとりとした洋梨のコンポートの下にスパイスを効かせた土台がしかれており味のメリハリが楽しめます。味はもちろん、パリパリのキャラメリゼ、クリーム・シブースト、コンポートと食感も楽しいデザートです。くるくると渦巻き状のゼリーはカシスとレモンのゼリー。フォトジェニックなデザートプレートはコースの最後にうれしい演出です。



 家族で楽しむなら東京ディズニーランドホテルのブッフェレストラン「シャーウッドガーデン・レストラン」がおすすめです。見た目にも楽しいメニューが盛りだくさん。



 冷たいメニューでは冷たいコンソメジュレ入りの「紫芋のムース」やイカやエビなどがビスクソースとイカスミトマトソースで仕上げられた「シーフードとポテトサラダ」がハロウィーンな雰囲気。「黒ごま棒々鶏麺」や「ポークと根菜のサラダ ハニーマスタードソース」は残暑の日にうれしいさっぱりとした味わい。子どもも好きなテイストです。



 温かいメニューはコウモリのラングドシャが添えられた「サーモンのロースト 竹炭パン粉焼き」やバターのコクのある風味とグレープフルーツの酸味がおいしい「白身魚のスチーム」がおすすめです。



 どの表情の子を食べようか悩んでしまう「チョコレートラズベリーブレッド」や「カボチャロール」はかわいさ余って食べすぎ注意です!



 充実のデザートコーナーは洋館の壁をイメージした大きさ違いのシャルロットを組み合わせた「グレープフルーツのシャルロットケーキ」や、苦味がなく食べやすい「コーヒーのパンナ・コッタ」、おばけのチョコがのった「洋梨のゼリー」などグラスデザートが提供されています。



(ねとらぼGirlSide/あかいけまい)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定