ホーム > mixiニュース > コラム > 海外の入院食ってどんな味? 出産中に食べたフランスの入院食をレポートします

海外の入院食ってどんな味? 出産中に食べたフランスの入院食をレポートします

5

2019年09月28日 12:51  Pouch[ポーチ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

フランスで暮らし始めて4年になる私。昨年の春にフランス人男性と結婚し、今年の7月に南フランスの病院で出産しました。

今夏のフランスはこれまでに経験のない、記録的な猛暑。連日40℃近い暑さながら、当地の一般家庭にはエアコンがほぼないため、妊娠中ということもあってそれはそれは辛い日々でした。

一方、病院の分娩室も病室もエアコンが効いていたので、酷暑の日々よりも出産の方がラクだった……かも?

これまでも、フランスの食生活や文化についてご紹介してきましたが、今回は出産で入院した際に提供された、入院食をご紹介したいと思います。フランスは美食の国と言われますが、入院食はいかに……?

【朝は必ず硬いパン/朝食】

入院したのは4日間。

私は肉が苦手なのでベジタリアンメニューを選択しました。肉料理の場合はチキンソテーや、野菜にひき肉の詰め物をしたファルシなどが供されていたようです。

日曜の朝のクロワッサンを除き、朝食のメインは田舎風のハード系パンでした。

ある朝の内容は、パン、無塩バター&アンズジャム、ヨーグルト、モモ、コーヒー。飲み物はコーヒー、紅茶またはホットチョコレートから選択可能。

【炭水化物&デザート多すぎ/昼食】

この日の昼食は、前菜用のキャロットラペ(千切りのニンジンにドレッシングを自分でかける模様)。メインは西洋ねぎのタルト、付け合せはブロッコリーのグラタン、ペンネ。そしてパン。炭水化物摂りすぎでしょ! デザートはヨーグルト、りんごのコンポート、マドレーヌにレモンケーキ……ってデザート多すぎじゃない!?

【またまた炭水化物多め/夕食】

この日の夕食の前菜は、トマトサラダ。メインはマッシュルームソースを添えた、クネルという小麦粉がベースのふわっとした食べ物。付け合せはホワイトアスパラのトマト煮、ライス。そしてパン。デザートはコーヒー味のムースでした。

【総評/フランス料理にしてはちょっと大味?】

メインがパスタでもお米やキッシュであっても、毎回パンが付いてくるのは、パンが主食のフランスならではだと思います。

パンは小麦の味がしっかりしていておいしいけど、毎日、しかも毎食同じパンというのは飽きる……!

今回の入院食は、アメリカ系機内食のエコノミークラスの味がしました。つまり、大味だということです。私がお世話になった病院では、食事を含め、出産・入院費用は国が負担してくれているので文句は言えないけれど……。

2人目を生む機会があれば、他の病院の入院食も試してみたいところです!

執筆=sweetsholic
Photo: (C)Pouch

画像をもっと見る

このニュースに関するつぶやき

  • 米国系エアラインのエコノミークラスの機内食と聞くと、食べてみたいと思わない(笑)。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • よし、じゃ〜 次はアフリカに行って 食レポしてこいよw
    • イイネ!19
    • コメント 10件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定