ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 「霊的なアレな怖いやつなんだって!」 余計な話だらけのホラー漫画「こわい話DX」が怪談ヘタすぎる

「霊的なアレな怖いやつなんだって!」 余計な話だらけのホラー漫画「こわい話DX」が怪談ヘタすぎる

4

2019年09月28日 20:02  ねとらぼ

  • 限定公開( 4 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真説明過多!
説明過多!

 「何事もやりすぎはよくない」といいますが、それはホラーにもあてはまるようです。



【画像】漫画を読む



 漫画家の小雨大豆(@kosamedaizu)さんがTwitterに投稿した漫画「こわい話DX」は、デラックスすぎる語り口のせいで逆に残念な感じになった怪談を描きます。



 その物語は、とあるタクシーが夜道で女性客を拾ったところから始まります。タクシー運転手の怪談はいわば鉄板のシチュエーション。いったいどのような恐怖体験が語られるのでしょうか?



 「女の人は、どん兵衛のうどんくらい白い服を着て、ペヤングくらいクシャクシャの長い髪をしてたんだって」「女の人は、生活のためにタクシーの運転手になろうと思って免許を取った運転手さんに」「湖に… あ 湖池屋さんの字に使われてる湖ね に行きたいって一言…」



 説明めちゃくちゃ丁寧だな! どうやら女の人は湖に行きたいようです。



 ものすごい方向から例えが飛んでくる「丁寧な怪談」はなおも続きます。



 「で運転手さん 賞味期限が6日すぎた食べ物食べるくらい おそるおそる聞いたんだって」「そしたら女の人は イベント前日に何回もシミュレーションしたのに いざあこがれのサークルさんの前に来たら何も言えずに本だけ買っちゃう時みたいに だまーったままで…」



 彼女が行き先に指定した湖では入水があったもよう。めちゃくちゃ怪談っぽい展開なのに、なぜか全く怖さを感じません。



 湖に到着し、後部座席をおそるおそる振り返った運転手。するとそこに女性の姿はありませんでした。



 「そこには おじさんの寝汗くらいしっとりした あれがあったんだって」「そう つまり 女の人は…」「霊的なアレな… 怖いやつなんだって!」



 あまりにグダグダなオチに、背景には「おばけのホーリー」が飛んでいます。怪談には、ストーリーと同じくらい語り手の技量が大切なのだとよくわかるお話でした。稲川淳二さんってすげえや!



画像提供:小雨大豆(@kosamedaizu)さん


    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定