ホーム > mixiニュース > トレンド > 【写真60枚】うっとり見入る名車ズラリ 日産、グローバル本社ギャラリーに「歴史的旧車珍車コーナー」オープン、その理由は?

【写真60枚】うっとり見入る名車ズラリ 日産、グローバル本社ギャラリーに「歴史的旧車珍車コーナー」オープン、その理由は?

3

2019年09月29日 17:18  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真日産のグローバル本社ギャラリーにオープンした「歴史的旧車コーナー」
日産のグローバル本社ギャラリーにオープンした「歴史的旧車コーナー」

 雑誌やテレビでしか見たことがないような希少で貴重な車両がぞーろぞろ──。日産自動車は9月27日、横浜の同社グローバル本社ギャラリーにヘリテージ(歴史)をテーマにした常設の展示スペース「ヘリテージゾーン」を新設しました。



【画像】美しすぎるダットサンの様子



 グローバル本社ギャラリーは日産の新型車展示や企業情報を発信する広報拠点の1つ。休日には最新技術の体験や新型車の試乗、子ども向けイベントなども展開し、無料で入れる横浜・みなとみらい21エリアのお楽しみ施設の1つとしても幅広く知られています。



 ヘリテージゾーンは、これまで開発してきた自動車の歴史が今の先進・最新技術の礎になっているとする「日産のDNA」を分かりやすく、あらためて伝える狙いを込めます。



 同社は「ヘリテージカー」をただ古くて珍しいクルマではなく、「伝統」や「歴史」の積み重ねを強調し、現在の優れた技術があることを訴えます。まだ馬車が走っていた1935年(昭和10年)に年1万台という、とてつもない規模で生産された日本初の量産車「ダットサン14型」、初めてレースで欧州列強に勝った「スカイライン 2000GT-R」などの車両から、雨滴感知識オートワイパー(1983年)、電動格納ドアミラー(1984年)、アラウンドビューモニター(2007年)などまで、今では当たり前になった技術や産業、文化の歴史も車両ごとに刻まれています。その1つ1つが日産のDNAであることをあらためて伝えたいと、日産自動車の星野朝子執行役副社長が設置に至った理由を述べました。



 「現在のクルマ、先進技術は、これまで業界初、世界初の技術革新を実現し続け、積み重ねてきた歴史の上に成り立っています。そんな日産の先進技術の礎である日産のDNA、歴史のストーリーを心地よい雰囲気の中でくつろぎながら楽しんでいただきたいです」(日産自動車の星野副社長)



 2019年9月30日まで、新ゾーンのオープンを記念して、選りすぐりの所蔵ヘリテージカーをさらに19台も集めた特別展示コーナー「NISSAN FERITAGE WEEKEND MUSEUM」を開催します。



 目玉は1935年(昭和10年)製となる日本初の量産車「ダットサン14型」、1966年製「初代シルビア(CSP31型)」、1960年製「プリンス・スカイラインスポーツ クーペ(BLRA-3型)」の3台。同社が所蔵するヘリテージカーは「クルマなのですから、基本的には動態保存(動かせる状態)とするように整備している」そうで、約85年前のダットサン14型も「動く」そうです。



 特別展示後も、歴史車両コレクション「日産ヘリテージコレクション」約300台の所蔵車から定期的に入れ替わります。同じく一般見学が行える座間事業所の日産ヘリテージコレクションとともに、目からウロコのカッコよさを知り、あるいは思わず視界がセピア色になったりもする、実はすごく深いクルマの歴史、皆さんも浸ってみてはいかがでしょうか。


あなたにおすすめ

ニュース設定