ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 乃木坂46・井上小百合、「自分が主役をやれるとは…」 舞台版『フラガール』稽古公開

乃木坂46・井上小百合、「自分が主役をやれるとは…」 舞台版『フラガール』稽古公開

2

2019年09月29日 18:21  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真舞台版『フラガール』稽古公開の模様 (左から)富田望生、乃木坂46・井上小百合、矢島舞美  クランクイン!
舞台版『フラガール』稽古公開の模様 (左から)富田望生、乃木坂46・井上小百合、矢島舞美  クランクイン!
 乃木坂46の井上小百合が29日、都内にて行われた主演舞台『フラガール ­ dance for smile – 』の稽古場公開と記者会見に登場。井上は「小学生のときに母と映画館に観に行った作品なんですけど、当時は数年後に自分が主役をやるとは思ってなかった。ありがたい機会だなと思います」と出演を喜んだ。

【写真】乃木坂46・井上小百合、矢島舞美、富田望生らが『フラガール』に!部隊稽古を公開

 本作は、蒼井優らが出演し、2006年に公開され大ヒットした映画『フラガール』の舞台化でフラガールのリーダー・谷川紀美子役を演じる井上は役作りについて「紀美子は素朴でどこにでもいるような女の子なので、あんまり気張らないほいがいいかなと思って、そのままで演じられたら」と話す。

 フラガールたちにフラダンスを指導する平山まどか先生役の元℃‐ute 矢島舞美は「これまでの自分の経験と重なる部分もあるので、自然と役に入っていけます」と語った。

 映画版では南海キャンディー ズの山崎静代が演じた、熊野小百合役を演じる富田望生は、福島県いわき市の出身。物心ついて初めて観た映画が『フラガール』で、スパリゾートハワイアンズ(旧・常磐ハワイアンセンター)にも子どもの頃からよく行っていたということで「思い入れの深い作品」だという。「子どもの頃フラガールのお姉さんたちを見て、『なんて華やかなんだ』とドキドキワクワクしたのを覚えています。今度は舞台で私が届ける側になるなんて、あの頃は想像もしていなかった。不思議な気持ちです」と思いを明かした。

 また、今回の作品では現役アイドルや経験者も目立つが、AKB48チーム8・太田奈緒は「観に来た乃木坂46さんや℃-uteさんのファンも奪いたいなと思います!」と意気込むと、劇団4ドル50セントの福島雪菜は「私は今まで劇団しか知らなかったので、すっぴんでジャージ姿なんですけど、この現場ではみなさんちゃんとメイクして可愛い服で来て! それが新鮮で、女の子って本当はこうあるべきと思いました」と普段とのギャップを語った。

 すると井上も「乃木坂も近いかもしれない。みんなすっぴんで来て。この稽古場で、みなさんがきれいでびっくりしました」と意外な普段の姿を明かした。

 舞台『フラガール ­ dance for smile – 』は10月18日から27日まで東京・日本青年館ホール、11月2日〜4日、大阪・サンケイホールブリーゼで上演。

このニュースに関するつぶやき

  • さゆにゃんは元々女優さん志望だからね。この調子で色んな作品で主役をしてほしいね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定