ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 菜乃花、 Iカップの谷間が眩しい衣装で “20代最後集大成写真集”アピール

菜乃花、 Iカップの谷間が眩しい衣装で “20代最後集大成写真集”アピール

1

2019年09月29日 21:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

細身でありながらIカップという抜群のプロポーションは、“フィギュア体系”と賛辞され、その愛くるしい笑顔とキュートさでグラビア界でトップの座に君臨する菜乃花が、このほど最新写真集『NN』(ワニブックス)を発売。記念のイベントが29日、新宿・ブックファーストで開催され、多くのファンが詰めかけた。

「20代最後のいまを切り取った一冊を作りたい」という思いから、写真集をセルフプロデュース。「キメないこと」「ありのまま」をテーマに今までに挑戦していないような大胆露出にもチャレンジした2019年秋、大注目の一冊として注目されている。


イベント前に囲み取材に応じた菜乃花は、大人っぽい落ち着いたロングワンピースで登場。着痩せするタイプなのか、水着姿でもスレンダーな体型がより細く見える。しかし胸元はV字に深めのカットが入っていて、前屈みの体制では、たわわなIカップの谷間がくっきり拝め、なんてセクシーで愛くるしいんだと取材陣もメロメロに。

「今回は私をより近い存在に感じてもらえるような写真集にしました。海で綺麗に撮られている“アイドル菜乃花”ではなくて、普段の私を垣間見れるような感じに作りたくて。タイトルの『NN』とは「今の菜乃花を切り撮ってもらったということで、“なのか なう”なんです。今の私という意味です」とにっこり。

お気に入りカットは2枚を選び、1枚はベッドでうつ伏せになった写真だが、なんと一糸纏わずの露わな姿。菜乃花の真骨頂、素晴らしいヴィーナスラインと、たわわすぎるIカップバストの膨らみにドキッとせずにはいられない。「今回撮るときに、露出感を気にせず、撮ってから決めようと思いながら挑んでいて、この写真を見たときに、生々しくってセクシーなんだけど、キレイだなって自分で自分のカラダを見て思えた、良さが詰まっている感じが気に入ってます」と解説。もう1枚は「どっかの橋に(笑)夕焼けを撮りに行った時の写真なんですけど、撮りに行った途端”ばあー”と晴れて夕焼けになったので”日頃の行いがいいんだね”って話しながら、カメラマンさんから「涙出せる?」って言われてたんです。でも“夕焼けが綺麗すぎて泣ける”というのは無理だったんですが(笑)、今回の写真集は自分の思うことをたくさんやらせていただいて、(セルフプロデュースができたのも)ずっとグラビアを、色んなことあったけど頑張て来て良かったなあってしみじみ思えた時の表情なんです」とグラビア人生の思い出込みの一枚であると明かした。

常に第一線でグラビア界を牽引してきた菜乃花も30歳となったが、その感想を聞かれ、「やっとなったって感じです。30歳で今の体形を維持できてるのって凄くない?て前向きに捉えております(笑)」、さらにあらためて自分のカラダでキレイだと思うところを聞かれると「骨格」と即答。「私、骨が華奢なんです。骨って自分でどうにかできないし、さっきのお気に入りのベッドの写真も、すごいあばらが浮いていていいなと。胸はDVDで揺らし過ぎて、クーパー靱帯切れてるし(笑)、垂れてくるので自信ないので、手首足首細いので骨格ですね!」とキュートな笑顔で記者陣にアピール。

また20代でやり残したことに関しては「仕事仕事で来たので遊んでないこと。30代は遊んでいきたい!」と意気込む菜乃花。そうなるともちろん恋の話になるわけだが、「私の中でアイドルは30超えたら恋愛解禁と思っていて、今までノースキャンダルで来たんですけど、これからは恋をしていきたいと思います」とと宣言した。

菜乃花といえば、グラビア界随一の“カープファン”で知られているが、カープが勝つ度にSNSに上げていた「勝利のグラビア」を辞めてしまったところ、今季の優勝を逃したとファンから言われたそうだが、復活はないと断言。。「西武ライオンズをやってるAKOちゃんていうおっぱいの大きい子がいるんですけど、ずっと真面目に“勝利のグラビア”やってて、優勝しましたからね。“勝利のグラビア”は縁起が良いと思ってます。なので、ほかの(グラビアの)みんなに頑張ってほしいです」とエールを贈った。


このニュースに関するつぶやき

  • 貴乃花がIカップって読んじまった…(瀧汗 そんなに小さくないんじゃ?って<m(__)m>
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定