ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 宮沢りえ、『ぼくらの七日間戦争』から約30年 アニメ版に同役でカムバック

宮沢りえ、『ぼくらの七日間戦争』から約30年 アニメ版に同役でカムバック

1

2019年09月30日 07:02  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『ぼくらの7日間戦争』に出演する宮沢りえ
映画『ぼくらの7日間戦争』に出演する宮沢りえ
 女優の宮沢りえが、アニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』(12月13日公開)に声優として出演することが発表された。宮沢は女優デビュー作・初主演作である実写版『ぼくらの七日間戦争』(1988)でヒロイン・中山ひとみ役を演じており、本作では約30年後のひとみを演じる。

【写真】約30年ぶりに本作にカムバックする「宮沢りえ」フォトギャラリー

 宗田理のベストセラー小説『ぼくらの七日間戦争』を原作とする本作は、1988年の実写版で少年少女たちが大人たちをやっつけた“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた、2020年の北海道が舞台。大人から隠れて古い工場へキャンプに訪れた少年少女たちが、タイ人の子どもをかくまったことから、子どもを連れ去りに来た入国管理局の職員らとの対決が始まる。

 実写版で宮沢が演じた中山ひとみは、仲間たちを鼓舞して大人たちに反抗した学級委員というキャラクターで、勇ましく戦車の砲台に乗る姿は「七日間戦争」のアイコンとなった。それから約30年後の2020年のひとみはどんな姿をしているのか、新しい「7日間戦争」に向き合う少年少女たちとの交流はあるのかなどに注目が集まる。

 宮沢は「ささやかな出演ですが、中山ひとみ役として参加させていただきました。私のデビュー映画『ぼくらの七日間戦争』が当時観てくださった方の記憶に刻まれたように、時代を超えて新たに息吹を与えられたアニメーション『ぼくらの7日間戦争』も皆さんの心を揺さぶる事が出来ます様に。是非映画館の大画面でお楽しみ下さい」とコメントを寄せている。

 村野佑太監督は宮沢の起用について、「原作でも映画でも、大人達はインチキなだけではない存在でした。そこには必ず子どもの味方に立ってくれる、大人側の良心を映し出した素敵な女性の姿がありました。かつての映画で中山ひとみを演じられた宮沢りえさんが、まさにそういった役柄で『7日間戦争』に戻って来てはくれないだろうか…それは脚本段階からの一番の関心ごとでした」と明かす。

 その上で、「時代が変わり子ども達を囲む環境に変化が訪れたとしても、きっと変わらぬ何かがあるはずーーー決して色褪せない永遠の少女像である中山ひとみは、それを誰よりも説得力のある言葉で伝えてくれます」と語っている。

 アニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』は、12月13日より全国公開。

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定