ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 橋本環奈『シグナル100』衝撃特報解禁 “最狂教師”に中村獅童

橋本環奈『シグナル100』衝撃特報解禁 “最狂教師”に中村獅童

0

2019年09月30日 14:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『シグナル100』ビジュアル (C)2020「シグナル100」製作委員会
映画『シグナル100』ビジュアル (C)2020「シグナル100」製作委員会
 女優の橋本環奈が主演を務める、R15+指定の映画『シグナル100』より、衝撃の特報映像が解禁され、生徒を追い込む“最狂教師”を歌舞伎俳優の中村獅童が、橋本のクラスメイトを俳優の小関裕太や瀬戸利樹らが演じることがわかった。

【写真】教師役で出演する「中村獅童」フォトギャラリー

 本作は、その壮絶な描写ゆえに、連載当時から実写映画化は不可能と言われていた宮月新による同名タイトルの漫画(白泉社)が原作。100の「自殺暗示催眠」を掛けられた高校生たちによる絶望のデスゲームを描く。橋本が単独主演を務める映画が公開されるのは、『セーラー服と機関銃 ‐卒業‐』(2016)以来4年ぶり2作目となる。

 特報では、「クラスの全員は催眠にかかっている」という担任・下部の一言を皮切りに、樫村(橋本)の顔には血が飛び散り、「遅刻したら」「スマホ使ったら」「あくびしたら」など日常の些細な行動により、生徒たちが次々と自殺していく姿が映し出される衝撃的な内容に仕上がっている。

 また、特報解禁に併せて橋本以外のキャストも発表され、生徒を絶望の淵へと追い込む担任教師・下部役を、京都南座「八月南座超歌舞伎」にて初音ミクと共演したことでも話題の中村が務め、橋本のクラスメイト役として、橋本演じる樫村に密かに想いを寄せる、サッカー部一のモテ男・榊蒼汰を映画『春待つ僕ら』やNHK連続小説『半分、青い。』などへ出演した小関が、クールな性格の持ち主でクラスメイトたちからは一歩距離を置く和田隼役をドラマ『偽装不倫』のピンク髪のボクサー・八神風太役で注目を浴びる瀬戸が演じることが決まった。

 そのほか、甲斐翔真、中尾暢樹、福山翔大、中田圭祐、山田愛奈、若月佑美、前原滉、栗原類、恒松祐里ら注目の若手俳優も、クラスメイト役として集結する。

 「教師役というのは、あまり演じる機会がなかったのでとても新鮮でした」という中村は、「下部の狂気じみた行動は、周りからみれば特異ですが、彼自身はそれが正義だと思っています。何を考えているのかわからない謎めいた不気味さを出せるよう努めました」と役作りについて振り返った。

 一方、生徒役の小関は「僕たち生徒36人の『生きよう』とする様を、一瞬も逃さず手に汗握りながらご覧いただきたいです」、瀬戸は「僕にとって初めてとなる、心の中のどこか一部分に小さな狂気を宿しているような役柄を是非見て頂ければと思います」とアピールした。

 映画『シグナル100』は2020年1月24日より全国公開。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定