ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 浅倉大介が魔法のようなプレイ、accessとは全く異なるディープな世界

浅倉大介が魔法のようなプレイ、accessとは全く異なるディープな世界

0

2019年10月02日 21:50  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

10月2日(水)に浅倉大介のソロライブ『DAISUKE ASAKURA DA LIVE METAVERSE 2019 Cθda growth』の公演初日がDVD化された。今年の1月19日・20日にヒューリックホール東京にて開催したソロライブの初日の映像をDVD化したもの。

自身のユニット「access」やプロデュース作品とは全く異なる、ディープでマニアックなソロでの作品『DA METAVERSE』の世界を、会場の特性を生かしたフルスクリーンの映像とともに作り上げたライブ映像となっている。

ダンサー・パフォーマーのほか、ギターの伊藤賢一(Iceman)、ボーカルにYOW-ROW(GARI)とゲストをも演出の中に取り込み、全て浅倉の脳内空間の登場人物として一つの世界観を表現。シンセサイザーの原点とも言えるMOOG IIIcなどのアナログ・シンセから最新のデジタル機材、ピアノ、オルガンとありとあらゆるキーボード・シンセサイザーをステージ上に揃え、それらをひとりで操る魔法のような浅倉大介のキーボードプレイを是非お楽しみに。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定