ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 映画初主演の堀田茜、『イッテQ!』で培われた“出川ガールズ”イズムが女優業に活きる

映画初主演の堀田茜、『イッテQ!』で培われた“出川ガールズ”イズムが女優業に活きる

0

2019年10月03日 12:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

日本テレビ系長寿バラエティ『世界の果てまでイッテQ!』の“出川ガールズ”としてお馴染みのモデルで女優の堀田茜が、10月4日公開の映画『ダウト〜嘘つきオトコは誰?〜』で映画初主演を飾る。


“出川ガールズ”としてお笑い芸人・出川哲朗と過酷な海外ロケを体当たりで行い、濁流にのまれたり、ジャングルで泥まみれになったり、雑過ぎる扱いを受けたり、日曜夜のお茶の間に笑いを届けてきた。煌びやかな世界とは程遠い笑いの戦場…かと思いきや、根っこの部分では共通するものがあるという。女優業に大きく役立った堀田の“出川ガールズ”イズムとは?


“出川ガールズ”の一員になって以降、様々な世代から『イッテQの人だ!』『出川ガールズの人だ!』と言われるようになった。「最初の頃は何も考えずに『海外だ!楽しい〜!』と好奇心だけで飛び込んでいましたが、今は自分に課せられた役割の中で撮れ高をいかに提供するかを考えるようになりました。出演させてもらっているからには、中途半端なモデルがお飾りになっているだけではイヤという気持ちがあります」と反響を肌で感じて意識も大きく変わった。


「好奇心旺盛」という持ち前の性格も吉と出た。「泥まみれ=楽しい、となっている時点で私の感覚が壊れているのかもしれないけれど(笑)。なんでもやりたい、なんでも楽しめるというタイプ。様々な事柄に興味が持ててしまうからこそ、タレント、モデル、女優と色々と挑戦しているんだと思う」と自己分析しながら「深く物事を考えるほど頭が良くないのかもしれませんね!」と照れながら謙遜する。


バラエティの現場と女優業の現場。似て非なるもののように思えるが、大きな共通点がある。「出川さんはロケVTRを面白くするためにすべてを賭けていて、ときにはスタッフと激論を交わすこともあります。いいものを作るためには真剣にぶつかることも必要だし、それは芝居の現場でも同じこと。バラエティも女優業も全員で力を合わせて一つのものを作り上げる。大変だけれどやりがいがあります」。師匠の背中から、モノ作りのイロハを学んだ。

恋愛アプリを原作にした『ダウト〜嘘つきオトコは誰?〜』では、人気イケメン俳優たちを相手にビンタシーンにも挑んだ。「何事も『一回でやりきれ!』というバラエティ精神があるので、思いきりやってしまって、気持ちいいくらい頬にバチーン!と入った」と躊躇なく振りかぶれたのも、バラエティの現場で鍛えられたおかげ。「相手役の方は『全然平気だよ』と言ってくれましたが、相当痛かったはず。私の手もかなり痛かったので…申し訳ないです」と苦笑い。


記念すべき初主演映画。「反省点ばかり。でも撮影中は100%の力でぶつかったので悔いはありません」と胸を張り「演技に自信があるわけではないけれど、これからもお芝居を沢山やって経験を積んでいきたい。この映画をきっかけに大役を任せてもらえるようになりたい」と意気込む。


女優としての武器は、“出川ガールズ”として培われたタフさ。「ほとんど身一つで見知らぬ海外の地に行き、常に自分で考えて行動しなければいけないので、精神面と肉体面は鍛えられました。女優として泥まみれになるシーンや雪の中でのシーンなど、ちょっとやそっとでは驚きません。過酷な状況もへっちゃらです!」と受けて立つ構えだ。


でも恥ずかしいことが一つだけある。それは師匠・出川哲朗の本編鑑賞だ。「出川さんは『映画館に絶対に観に行くよ!』と言ってくれましたが、私は『絶対に観ないでください!』と言いました。私にとって出川さんはもはや親みたいな感覚。演技をしている姿を観られるのは恥ずかしい」と頬を赤らめる。“出川ガールズ”ではない、素朴な堀田茜の素顔があった。


<作品情報>

10月4日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー

監督:永江二朗 脚本:鹿目けい子 

主題歌:「Break Karma」+α/あるふぁきゅん。(MAGES.)

出演:堀田茜/稲葉友 ほか

原作:ボルテージ「ダウト〜嘘つきオトコは誰?〜」

配給:キャンター、スターキャット 

© Voltage  ©2019映画「ダウト〜嘘つきオトコは誰?〜」製作委員会


HAIR&MAKE=大島清子(Lila) 

STYLIST=津野真吾(impiger)

文・写真:石井隼人

    あなたにおすすめ

    ニュース設定