ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > GENERATIONS、デビュー7周年を飾るオリジナルアルバムリリース決定

GENERATIONS、デビュー7周年を飾るオリジナルアルバムリリース決定

0

2019年10月03日 17:10  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

今年でデビュー7周年を迎えるGENERATIONSが、デビュー日の11月21日(木)にオリジナルアルバム、ベストアルバム含む通算6枚目となるアルバム『SHONEN CHRONICLE』をリリースすることが決定した。

3ヶ月連続リリースとなったボーカル片寄涼太主演映画「きみと、波にのれたら」主題歌『Brand New Story』、悩みや葛藤を乗り越えて“夢”を諦めずに進む姿勢を描いた『DREAMERS』、EXPGの生徒と夢や希望を共有し一緒に進んで行こうというテーマが込められている『EXPerience Greatness』を始め、LIVEでは定番の盛り上がり曲となった疾走感溢れるスタイリッシュなダンスチューン『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』、10年前の自分達へのメッセージを乗せたミディアムバラード『少年』など幅広い楽曲が盛り込まれている。
 
更に12月6日(金)に松竹系全国映画館にて公開されるボーカル片寄涼太主演映画「午前0時、キスしに来てよ 」主題歌でもあり、現在「zoff」とのコラボCMが、YouTubeにて公開され話題となっている新曲『One in a Million -奇跡の夜に-』と、パフォマーの白濱亜嵐が初めてサウンドプロデュースを手掛けた楽曲『心声』も収録。
また、10月4日公開の映画『HiGH&LOW THE WORST』の劇中歌から数原龍友初のソロ歌唱曲となる『Nostalgie』が収録されさらに多彩な内容となっている。
現在、グループ初の5大ドームツアーも開催中で、GENERATIONSとして記念すべきデビュー7周年を飾るアルバムとして申し分のない内容となっている。


    ニュース設定