ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > オーバメヤン、古巣CEOからの批判に反論! 「デンベレの移籍金に目がくらんだくせに」

オーバメヤン、古巣CEOからの批判に反論! 「デンベレの移籍金に目がくらんだくせに」

0

2019年10月04日 12:54  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真アーセナルの絶対的エース・オーバメヤン [写真]=Getty Images
アーセナルの絶対的エース・オーバメヤン [写真]=Getty Images
 アーセナルに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが、古巣ドルトムントのCEOの発言に自身のTwitter(‪@Aubameyang7‬)で反応した。3日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 現在30歳のオーバメヤンは、2013年7月からドルトムントでプレーし、公式戦通算213試合の出場で141得点36アシストをマークした。2018年1月、アーセナルが当時のクラブレコードの移籍金6000万ポンド(当時レートで約93億円)で同選手を獲得したが、同選手は移籍が決定する前にミーティングを無断で欠席するなどの問題行動を起こしていた。

 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは、オーバメヤンの移籍騒動を振り返って次のようにコメント。高給に釣られて“ステップダウン”を選択したと同選手のことを非難した。

「もちろん、そのような額(6000万ポンド)を前にすれば、選手を残留させ続けるのは難しい。何人かの選手は金のために、数年間チャンピオンズリーグ(CL)に出ていないようなクラブへと移籍する」

「オーバメヤンはアーセナルで素晴らしい活躍を見せている。きっと、銀行の預金残高を見たときはとても気前が良くなるのだろう。しかし水曜日になれば、TVでCLを見て悲しくなっているはずだ」

 オーバメヤンは3日にTwitterを更新し、ヴァツケ氏の発言に強く反発。2017年8月に1億2500万ユーロ(当時レートで約163億円)の移籍金でバルセロナへと移籍したフランス代表FWウスマン・デンベレを引き合いに出して、本物の“金の亡者”はヴァツケ氏の方だと主張した。

「俺はドルトムントを出た本当の理由を絶対に話さないよ。ヴァツケ氏、あんたはマジで“道化師”だ。俺はあんたが『ウスマンは絶対に売らない』と言っていたのを覚えている。そして、あんたは1億ユーロ以上を見て、その金を最初に受け取ったんだ。金の話はするな!頼むからほっといてくれ」

Better for you I never talk about why I really left Dortmund Mr Watzke you such a clown 🤡 I remember that time you said we never gonna sell Ousmane then you saw more than 100M you were the first to take that money 🤣🤣🤙🏽don’t talk about money please!!! Leave me alone pls 🙏🏽— Aubameyang P-E (@Aubameyang7) October 3, 2019

 今シーズンのプレミアリーグでは7戦7発と絶好調のオーバメヤン。アーセナルを4季ぶりのCL出場に導き、ヴァツケ氏を完全に黙らせることはできるだろうか。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定