ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > キスマイ玉森裕太、残念イケメン挽回なるか!?「見せてやるよ、俺の本気」

キスマイ玉森裕太、残念イケメン挽回なるか!?「見せてやるよ、俺の本気」

0

2019年10月04日 18:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーが、子どもたちとあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。本日配信された第35話は「キスマイBET」、「22世紀の新・罰ゲーム審議会」の二本立て。


今回ナレーションを担当したのは宮田俊哉。「秋アニメが始まってワクワクが止まらない」と宮田らしい冒頭の挨拶でスタート。「キスマイBET」はキスマイメンバーが様々なゲームにチャレンジし、子供たちは豪華賞品を手に入れるべく成功するメンバーを予想しBETする。最後にチップを多く残した子供が勝者となり、お望みの賞品がゲットできるという企画。


企画冒頭では、ゲームの勝敗実績を確認。これまで挑戦してきた全12回の個人戦の勝数トップは、7回のチャレンジ成功を収めた横尾渉。一方でビリのメンバーは、1回しか成功していない玉森裕太。


ぶっちぎりのビリである玉森に対し、メンバーからも「罰ゲームがぬるいと集中しない」とタレコミが…。玉森は「一生懸命やっているのに!」と弁明するも、視聴者からも玉森の成功率の低さに「私だったら玉ちゃんに絶対賭けない」との声も…!


今回メンバーが挑戦するゲームは「傘立てショット」、「異種混合卓球ラリー」、「ラグビーワンバウンドキャッチ」の3種目。


メンバーや視聴者から“残念イケメン”と散々の言われようだった玉森は「俺はまだ本気出してないだけ。今日見せてやるよ、俺の本気」と力強く意気込んだ。果たして玉森の挑戦の行方はいかに…!?

続いての企画は「22世紀の新・罰ゲーム審議会」。この企画は、子どもたちが考えた罰ゲームにキスマイが実際に挑戦し採用・不採用をジャッジするというもの。


今回罰ゲームに挑戦するのは横尾渉。横尾が引いた罰ゲームは「コショウのはいった風船を顔の前で割る」というもの。今回サポートメンバーとして、千賀健永が横尾の顔の前で沢山のコショウが詰められた風船を割ることに。


「鼻炎持ちだから」と罰ゲームに対し、余裕の表情をみせた横尾だが、この罰ゲームが意外なハプニングを引き起こすことに…。詳しい内容は本編をみてチェックしてみていただきたい。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定