ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 山本昌氏が現役時代、短期決戦で意識していたことは?

山本昌氏が現役時代、短期決戦で意識していたことは?

1

2019年10月09日 09:10  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真現役時代の山本昌(C)KYODO NEWS IMAGES
現役時代の山本昌(C)KYODO NEWS IMAGES
 7日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル CSファーストステージ第3戦 DeNA−阪神戦』で解説を務めた山本昌氏が、短期決戦で先発したときに意識したことについて語った。

 山本氏は「まずピンチを迎えても、最少失点で抑えるということをいつも思っていましたね」と話す。「ベテランらしくないですけど、飛ばして次のピッチャーに繋いでいこうという意識で投げていましたね」と明かした。

 山本昌氏は現役時代クライマックス・シリーズに通算4試合に登板して、0勝0敗、防御率3.06で、日本シリーズは通算6試合の登板で、0勝4敗、防御率4.45だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • 昌が短期決戦で勝ってるイメージないぞ(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定