ホーム > mixiニュース > 社会 > 台風19号、勢力維持し北上か

スーパー台風19号 硫黄島近海で減速して勢力維持「東日本縦断の可能性」

179

2019年10月10日 07:41  ハザードラボ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真今朝6時時点の進路予測。東日本を縦断する大回りな進路だ(気象庁)
今朝6時時点の進路予測。東日本を縦断する大回りな進路だ(気象庁)

 気象庁によると、大型で猛烈な台風は未明に、硫黄島近海で、進行速度を時速10キロに落としてさらに発達した。小笠原諸島では昼前からあす夕方にかけて、伊豆諸島や近畿地方では11日夜からうねりを伴った高波への厳重な警戒が必要だ。

  10日午前6時現在の中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速はスーパー台風に近い55メートル、最大瞬間風速は75メートルになっていて、中心から半径240キロは暴風域、その外側の東側750キロ、西側600キロ以内では強風が吹いている。   台風はあす朝にかけて勢力を落とすことなく、小笠原諸島を暴風域に巻き込みながら北上する見通しだ。

  11日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、▽小笠原諸島、近畿地方、四国地方で23メートル(35メートル)、▽東海地方22メートル(35メートル)、▽伊豆諸島で20メートル(30メートル)。   波の高さは小笠原諸島や伊豆諸島、近畿や東海、四国を中心に、九州、沖縄・奄美にかけて10〜5メートルに達すると予想される。   台風の北上に伴って、前線も北上することから、西日本の太平洋側と東日本では11日午後から大気の状態が非常に不安定となって、警報級の激しい大雨になるおそれがある。三連休は外出しないで済むよう、あすまでに用事を行い、防災準備を進めてほしい。

このニュースに関するつぶやき

  • 【おい!!気象庁】関東での被害予想を全国で起こるみたいな予想をしやがって。 地震と同じで局地的にやられるんだよ。この天気図ならこうなるみたいに言えないのか。ばっきゃろ。
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • 土曜日は仕事だったけど、出社困難懸念な従業員が多数いるため昨日の時点でその日は会社の休みが決定した。ブラボー、ホワイト企業!給料安いけど(笑)。
    • イイネ!74
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(95件)

あなたにおすすめ

ニュース設定