ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 井端氏が巨人・田中俊の「思いっきりがいい」と話した場面は?

井端氏が巨人・田中俊の「思いっきりがいい」と話した場面は?

1

2019年10月10日 08:10  ベースボールキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人・田中俊太(C)KYODO NEWS IMAGES
巨人・田中俊太(C)KYODO NEWS IMAGES
セCSファイナルステージ第1戦
○ 巨人 5 − 2 阪神 ●
<10月9日 東京ドーム>

 9日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファイナルステージ第1戦 巨人−阪神戦』で解説を務めた井端弘和氏が、巨人・田中俊太の2回の盗塁について言及した。

 田中俊は、2−0の2回一死走者なしからセンター前にヒットを放ち出塁すると、続く小林誠司の初球でスタート。捕手・梅野隆太郎が後ろに逸らす間に二塁へ進み、記録は盗塁となった。

 この盗塁に井端氏は「昨年も田中選手がヤクルト戦で、最初に塁を出て初球走らせたんですけど、初球にすぐ走れるのが田中選手なんですよ」と分析。

 「彼はおもいっきりがいいんですよね。他のランナーが出た時も走るんじゃないかというイメージが多少残りますのでね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定