ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > Sペンとメモ機能が強化された「Galaxy Note10+」がauから登場 税込み11万円台

Sペンとメモ機能が強化された「Galaxy Note10+」がauから登場 税込み11万円台

0

2019年10月10日 14:12  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真Galaxy Note10+ SCV45(左がオーラグロー、オーラブラック)
Galaxy Note10+ SCV45(左がオーラグロー、オーラブラック)

 KDDIと沖縄セルラー電話は10月18日、サムスン電子製スマートフォン「Galaxy Note10+ SCV45」を発売する。税込みの想定販売価格は11万円台を予定している。販売予約は10月11日10時から受け付ける。



【その他の画像】



 SCV45は、8月にグローバル発表された「Galaxy Note10+」のau版。日本向けのカスタマイズとして、「おサイフケータイ」(モバイルFeliCa)を搭載している一方、テレビチューナーは非搭載となった。ボディーカラーはオーラグローとオーラブラックの2色を用意する。



 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 855」で、メインメモリは12GB、ストレージは256GBを備えている。最大1TBのmicroSDXCも搭載可能だ。OSはAndroid 9をプリインストールする。



 ディスプレイはQHD+(1440×3040ピクセル)の6.8型Dynamic AMOLED(有機EL)で、インカメラ周辺部に切り抜きが入っている。



 アウトカメラは「広角+超広角+望遠+深度測位(ToF)」のクアッド(4個)構成。広角カメラは1200万画素センサーで、レンズに可変絞り機構(F1.5とF2.4)を備えている。超広角カメラは1600万画素センサーにF1.9レンズ(視野角123度)を組み合わせている。望遠カメラは1200万画素センサーにF1.4レンズを組み合わせている。超広角カメラ以外は、光学式手ブレ補正に対応している。



 ToFカメラを搭載したことで、動画撮影でもリアルタイムでポートレート(背景ぼかし)効果をかけられるようになった他、奥行きのあるイラストを動画に加える「AR手書き」に対応した。



 インカメラは1000万画素センサーとF2.2レンズの組み合わせとなっている。



 バッテリー容量は4300mAhで、USB Power Delivery(USB PD)による急速充電に対応している。従来機種のUSB PD充電では入力が最大15Wだったが、SCV45では最大45Wに向上。45W出力に対応するUSB PD電源をつなぐと、バッテリー残量0%から約60分で100%まで充電できるという(サムスン電子調べ)。公称の連続待ち受け時間は約420時間、連続通話時間は約2520分となっている。



 外部接続端子はUSB Type-Cで、試供品として両端がUSB Type-CコネクタとなっているUSBケーブルが付属する。なお、イヤフォンマイク端子はない(AKGチューニングのUSB Type-Cイヤフォンマイクが付属する)。



 Galaxy Noteシリーズの特色でもある「Sペン」はジェスチャー操作にも対応。書いたメモをその場でテキスト変換する機能も利用できるようになった。



 ボディーサイズは約77(幅)×162(高さ)×7.9(奥行き)mm、重量は約197gとなっている。



予約キャンペーン



 SCV45の発売を記念して、サムスン電子は「予約キャンペーン」を実施する。



 発売前日(10月17日)までに予約をした上で10月31日までにSCV45を購入すると、もれなくGalaxy Budsがプレゼントされる。発売日(10月18日)から11月7日までの間に特設サイトからエントリー(応募)する必要があり、商品は11月下旬以降に順次配送される。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定